インドネシアの抗議団体とバリへのオーストラリア人観光客

インドネシアの抗議団体とバリへのオーストラリア人観光客
INDONESIA TODAY

今年上半期の バリへの観光客トップ10 の国の1位はオーストラリアだ。今年上半期にオーストラリアから バリへ訪れたのは45万8109人にも上る。去年同時期の 44万5784人と比べて 2.76%の増加。バリは観光客減少という 問題に直面しており、オーストラリアの インドネシア政府傍受に 関して謝罪があるまではこの問題は 継続する見通し。オーストラリアから 楽しみの一つを奪うのは、そもそもオーストラリアが 二国間関係を軽視し、軍事協力も真剣に 受け止めていなかったのが そもそもの始まり。オーストラリア首相トニー・アボットは、国交正常化のために 対策を講じたいが、在インドネシア・オーストラリア大使の引き揚げ 問題とは別だと述べた。
オーストラリアと インドネシアの緊迫状態が、バリを訪れたいと するオーストラリア人観光客の 関心に影響が出ない ことを願っている、とオーストラリアの 雑誌は述べる。オーストラリア政府発行の 渡航注意にもかかわらず、旅行会社は 相変わらずお隣の国の お気に入りの渡航先で あることを願い、バリの政治の 雰囲気は、ジャカルタは他の地域とは 全く違うようになっている。

オーストラリア人観光客

バリ島ニュース, オーストラリア人観光客、バリ訪問オーストラリア市場 担当の「 ツアー旅行エージェンシー協会 バリ支部(ASITA)」部門チーフは二国間の衝突が オーストラリアと バリの観光客 減少をもたらすことはない、という楽観的な 見方をしている。協会はすでに オーストラリアのビジネス仲間と 連絡を取り、観光に影響があるのかを 確認。オーストラリア人に とってバリはすでに 第二の故郷となっている。このことがこれからも 続くこと、そして国家間の 対立が終わることを 願っている。

数十年間の バリ観光産業 へのオーストラリア市場、オーストラリア政府により 出された渡航注意は、バリ観光 に対してそれほど 致命的影響(2002年と2005年に 起こった爆弾テロのような)は ないとしている。オーストラリアはバリの 忠実な市場なのである。多くのオーストラリア人が、渡航注意にも 拘わらず依然として バリを訪れる。それは バリが安全 であることを知っており、何よりインターネットや 旅行会社 から容易にバリの情報 を入手することができるためである。
オーストラリアの観光客, バリ島ニュース, オーストラリア人観光客もちろんオーストラリアからバリを 訪れる観光客は 減少傾向にある。しかしこれは オフシーズンだからだ。長期休暇の シーズン、特にクリスマスと 年末年始に再び 増加するだろう。観光客減少はまた、オーストラリア人の多くが ヨーロッパ旅行を選んでいるからだ。経済の安定、そしてオーストラリアドルの 外貨に対し強く なっているためでもある。お金い余裕があるので休暇にヨーロッパ旅行でも、となるのだ。金融危機によりヨーロッパでは低価格のツアーパックを提供している、ということもある。しかし未だオーストラリア人は日光浴、サーフィン、スポーツや娯楽のためにバリを訪れている。

ASITAのチーフは、渡航注意の影響がどうなるかについての情報をまだ受け取っていない。しかし今のところ渡航キャンセルや旅行先変更というような悪影響はない。オーストラリアは今でもバリに来る外国人数のトップで、1月から9月までの全外国人観光客のうち24.96%にも上る。オーストラリアからの観光客はバリ人の気質を理解しており、ASITAバリ支部は、ジャカルタでの政治問題がバリに、特にクリスマスシーズンにオーストラリアから訪れる観光客に影響が及ばないと確信している。

バリ島ニュース – 2013年11月

海洋観光のための保護区 11月28日
ウブドライターは地元観光産業を向上 11月27日
地元コーヒーを国際ホテルに浸透させる努力11月26日
インドネシアの抗議団体とバリへのオーストラリア人観光客 11月25日
バリは経済安定を維持する必要がある 11月22日
ヒンドゥー団体 寺院への観光客のアクセス制限を支持 11月21日
バリへの外国人観光客 11月20日
バリ挙式の場として大人気 11月15日
オーストラリア人観光客はバリの到着口を風靡する 11月14日
バリトップスパとウェルネスセンターはアジアスパアワードにノミネート 11月12日
芸術と文化と環境意識を促進するヌサドゥアフェスタ 11月11日
コモド空港へガルーダ・インドネシア新ルート 11月07日
バリはアジアのスポーツ観光に任命される 11月06日
バリ・オーガニック・ファーム 11月04日
ブサキ寺院とアグン山は常に神聖でなければならない 11月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.