オーストラリア人観光客はバリの到着口を風靡する

オーストラリア人観光客 はバリの到着口を風靡する
INDONESIA TODAY

バリは、国内でも国際的 あるいは オーストラリア人観光客 にもすべての 年齢層にとって人気の観光場所になった。壮大なビーチと息を望む景色、素敵な 雑貨や興味深い文化は、日常生活から 抜け出したい人、新婚旅行を楽しみたい人、家族や友達と 過ごしたい人にとって理想的である。

しかしまだバリの 奥深い独自性を知らない人も多い。バリの生活は いつもトゥリ・ヒタ・カラナや人間と神との スピリチュアルや環境を 含む第三者と言う概念が関係している。観光地の 発展成長は地元住民の 生活とバリ伝統に大きな影響を 持っているが、興味深いことに、グローバル化に 伴いバリの文化は自ら 成長している。これこそ、他の場所とは 異なる島を創りだす バリの独自性である。

今年もオーストラリアは、1月から9月までの間に 訪れた観光客総数の 24.96パーセントを貢献し、バリ最大の 観光市場になっている。中央統計局 (BPS)の最新データに よると海外からの 観光客は、2012年の同じ時期に 比べて13.31パーセント 増加の2,409,334名に達し、プラスの 成長を示した。

オーストラリアはバリへの観光客数601,402名でトップ維持

オーストラリアの観光、ニュース、バリニュースオーストラリア人観光客数の 伸びは1.1パーセントと 減少傾向にあるものの 上位を維持している。バリ州観光局長は、この数年間に オーストラリアはバリ最大の 観光市場になったと 述べた。昨年、他の国からの 訪問者数を大きく 引き離し、合計2,892,019名中 28,49パーセントに達する 観光客がこの島へ訪れるほどの 貢献ぶりだ。

ヨーロッパ、アメリカ、アジア地域からの 観光客数と比べてオーストラリアからの 観光客数は依然トップである。この市場で 著しい増加や減少があると 全市場に影響を与えるが、バリとオーストラリア 諸都市の 近距離に 加え直行便があるのでオーストラリアからの 観光客数は回復するだろうとバリは 楽観的である。

航空会社、オーストラリア人観光客国民が海外へ行くのを 可能にするオーストラリアの良好な 経済状態とオーストラリア 通貨の 力により客数の 増加も可能になるだろう。バリは オーストラリア国民のお気に 入りの場所となり続けるので バリの観光地は楽観的だ。距離が近いだけでなく バリのビーチを愛しているので バリは第二の家と呼ばれている。

バリ島観光 プロモーションボード(BPPD)は促進活動を 向上させる。インドネシア観光 産業団体連合会 (GIPI)バリ会長は、観光地発展の 成功は常に訪問者数によって 計られるべきではないと 付け加えた。
BPPDの 政策決定の一つは、この島の全ての 特性とバリ文化・芸術を大切にする 観光客を特にターゲットにして 観光への関心を管理し開発することの 重要性を強調した。一番大切なのは 観光客により長くバリに 滞在してもらうことだ。観光産業は 依然として 大衆観光と高品質な観光が 混ざり合っており、バリには 大衆観光も必要だが、求められている 高品質な市場へと 産業を改善し 続けていく。

バリ島ニュース – 2013年11月

海洋観光のための保護区 11月28日
ウブドライターは地元観光産業を向上 11月27日
地元コーヒーを国際ホテルに浸透させる努力11月26日
インドネシアの抗議団体とバリへのオーストラリア人観光客 11月25日
バリは経済安定を維持する必要がある 11月22日
ヒンドゥー団体 寺院への観光客のアクセス制限を支持 11月21日
バリへの外国人観光客 11月20日
バリ挙式の場として大人気 11月15日
オーストラリア人観光客はバリの到着口を風靡する 11月14日
バリトップスパとウェルネスセンターはアジアスパアワードにノミネート 11月12日
芸術と文化と環境意識を促進するヌサドゥアフェスタ 11月11日
コモド空港へガルーダ・インドネシア新ルート 11月07日
バリはアジアのスポーツ観光に任命される 11月06日
バリ・オーガニック・ファーム 11月04日
ブサキ寺院とアグン山は常に神聖でなければならない 11月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.