ウブドライターは地元観光産業を向上

ウブドライターは ウブドフェスティバル 地元観光産業を向上
INDONESIA TODAY

ウブド作家と読者 ウブドフェスティバル (UWRF)、国内最大の 国際文学会合は、世界地図に インドネシア作家を 配置することに 成功しただけでなく バリの地元観光産業に 大きく貢献している。

2013UWRF後の 先月10月11日から15日に 行われた経済 的影響調査は、フェスティバルの トークのため、また大好きな 作家に会いに バリへ来て、宿泊施設の利用、飲食、移動、滞在先の お土産を通してウブドと その周辺の地元観光産業を 後押しする観客のために 作家が招待された ことを表明した。

UWRFの イベント調査で、UWRFに出席するため 88パーセントの参加者が ウブドに旅をし、ウブドでの平均 滞在期間は6日間と 結論された。これらの訪問客は 移動と宿泊に一日平均 A$82(US$77)、食事と買い物に 毎日平均A$43を 消費した。この数字から、現在 UWRFは2013年に 移動、宿泊、買い物、食事を通して メインプログラム 視聴者が地元住民へ 運んだ金額は A$1,045,980またはRp9,727,614,000と 発表できると、UWRFの創設者兼 ディレクターは述べた。

インフレと過去10年間で 毎年販売されるチケット 数を反映して、この推測はUWRFの 観客が2004年のフィスティバル 創設以来、地元の経済に 約A$500万または Rp460億以上を 貢献した事を示す。この合計は ワークショップや無料の 特別イベントに 出席した人を数えておらず、実際の値は より高くなるだろう。

ウブド・ライター・フェスティバル

バリ島ニュース, ウブド, ライター, フェスティバル, ウブド・ライター・フェスティバル, ウブドライターUWRFは毎年、約15名の 地元スタッフを採用し、フェスティバル 期間中に地元 ドライバーとフォトグラファーを 雇い、可能な限り現地の 業者を利用し、バリとウブド に経済効果をもたらしている。このフェスティバルは 2002年バリ爆弾テロを きっかけに 訪問客をウブドへ呼び戻すために 創設された。当初から ウブドライターはフェスティバルを 開催するウブド住民と 現地パートナの寛大な 支援に圧倒されていた。この数字は UWRFが地元住民に 恩返と支援をする 重要な役割を果たした ことを示している。通りにいた多くの 観光客とホテルの 部屋の予約数を 見ると、フェスティバル 開催中ウブドは 非常に忙しかったと 強く感じている。

uwrf, ウブド・ライター・フェスティバル地元住民は、芸術、音楽、映画上映プログラムなど フェスティバルのイベントに出席し、初めて全体の参加者の 50パーセント近くがインドネシア人となった。UWRF観客の 反応は積極的:調査対象となった 観客の96パーセントは来年も 参加することに関心を 持ち、98パーセントの人は家族や 友人にこのフェスティバルを お勧めする。
毎年恒例で 今年10周年のフェスティバルは、世界中から 200人の作家とアーティストと歌手が ウブドの53か所で 様々な活動に参加して、最も多様で 最大のプログラムを 提供した。

ウブド以外で、UWRFは デンパサールで毎年 恒例のフリンジプログラムを 発表し、ジャカルタやジョグジャカルタへ ワークショップと 女性のツアーを開催。UWRF衛星 プログラムは、インドネシア群島の バドゥン、バンジャルマシン、メダン、ロンボックの 4地域を訪問するため 選ばれた作家と チームメンバーにより フェスティバル後も続けられた。

UWRF衛星プログラムは、UWRFから貴重な洞察とインスピレーションを得るため各地の作家と読者を用いてインドネシア全土で文学交流のネットワークを確立し維持するための、フェスティバルの長期的なプロジェクトである。来年のウブド作家と読者フェスティバルは2014年10月8日から12日まで開催されますので、ご都合がよければバリとウブド村に訪れてご自身の目でご覧いただけます。

バリ島ニュース – 2013年11月

海洋観光のための保護区 11月28日
ウブドライターは地元観光産業を向上 11月27日
地元コーヒーを国際ホテルに浸透させる努力11月26日
インドネシアの抗議団体とバリへのオーストラリア人観光客 11月25日
バリは経済安定を維持する必要がある 11月22日
ヒンドゥー団体 寺院への観光客のアクセス制限を支持 11月21日
バリへの外国人観光客 11月20日
バリ挙式の場として大人気 11月15日
オーストラリア人観光客はバリの到着口を風靡する 11月14日
バリトップスパとウェルネスセンターはアジアスパアワードにノミネート 11月12日
芸術と文化と環境意識を促進するヌサドゥアフェスタ 11月11日
コモド空港へガルーダ・インドネシア新ルート 11月07日
バリはアジアのスポーツ観光に任命される 11月06日
バリ・オーガニック・ファーム 11月04日
ブサキ寺院とアグン山は常に神聖でなければならない 11月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.