インフレ率上昇、バリ経済に影響

インフレ率上昇  バリ経済に影響
INDONESIA TODAY

バリの インフレ率上昇 が毎年 おきている。現在 すでに 8.5% にまで達しており、中央銀行は バリ島 経済に 深刻 な影響が 出始めていることを 強調した。インフレ率上昇 は ガソリン値上げ以来 継続しており、新学期と イドゥル・フィトゥリの 連休 近くに行われた この政策が バ リ経済に 深刻な 影響を 与えている。 インドネシア銀行 バリ・ヌサトゥンガラ支店 は、この状態は 通貨上昇下降も 関係しており、影響を 制御するためには 真剣な 取り組みが 必要だと話した。

バリ・インフレの増加

バリ経済に影響, バリ経済8月の時点で バリ 及び ヌサトゥンガラ のインフレ率は 8.83% で、インドネシアの 8.79% を上回っている。特にバリは 8.35%に達している。昨年 バリ島の インフレは 4.37% であった。2桁台に 近づく インフレ率に対して 真剣な 取り組みが必要となってくる。というのは、 このような数字は経済成長を遅らせ、投資にも 影響、ついには国民の繁栄が低下するからである。インフレ率の 急激な 上昇は、2013年 7月22日 から施行さ れたガソリンの値上げによって行われた主食や運賃の便乗値上げが 大きな 原因となっている。ガソリン値上げ前に 政府は 電気料金も 値上げしている。これらは新 学期とイドゥル・フィトゥリ連休に合わせて行われた。
バリ経済, バリ島観光経済関連団体が 影響を 制御するために、即刻 何かしらの段階を踏むべきである。もうすぐ 島の大多数の住民が グルンガンとクニンガンを祝い、恐らく インフレ率上昇に 一層拍車がかかるためである。

中央銀行は 何ヶ月後かの 間に、この 高い インフレ率 がより大きな リスクを もたらすだろう と予想している。これは 例えば 気候変化や 種の 在庫不足や 害虫などに 簡単 に 影響される 不安定な 食糧だ。その他の 内部原因としては、流通、情報への アクセス制限で、これらも 影響を 与えるとされている。外部原因としては、通貨上昇 下降で すでに 8月時点で11.7% も下落している。これに加えて 国際的 な経済の 不安定さがある。

インフレは 輸入商品にも 直接影響してくる、例えば 食品や 食品以外の 商品だ。経済関係の 地方政府 アシスタントは インフレ率の 急激な 上昇は 住民の 繁栄へ 影響を及ぼす と述べている。人々は 今年 あと3ヶ月インフ レ率 上昇しないこと、またインフレ率が 10% 以下 のままであるよう 願っている。牛肉や ニンニク、大豆 といった 食糧の 在庫が 少なく、インフレ率上昇 に 対して 影響を 与えている。
地方政府は すでに 対策を 取っており、国内での 農業生産を 増加させることで 外部からの インフレの影響を 最小限に 止めるというものがある。

バリ島ニュース – 2013年09月

バリ島でユドヨノ大統領が正式に高速道路を開通9月30日
インフレ率上昇、バリ経済に影響9月27日
バリ島、15カ国の航空機を迎えるングラライ9月26日
国際線到着が新しいターミナルに移動9月25日
バリの自然保護 9月23日
観光のためホテル産業にてバリ文化紹介を義務付け 9月16日
APECのためにングラライ空港改装スピードアップ 9月13日
ミス・ワールド世界大会はインドネシア文化を紹介 9月12日

世界の指導者inバリ 9月10日

バリの低犯罪率 9月09日

バリは海外就労者にソフトローン提供 9月06日

カルマ・ビーチ・ホテル – 海辺の快楽詩 9月04日

バリの新名所 ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ(GWK) 9月02日
LOVEバリ: 観光村としてのサヌール復興 9月32日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.