インドネシア ASEAN産業の土台となる可能性

インドネシア ASEAN産業の土台となる可能性
INDONESIA TODAY

イ ンドネシア ASEAN経済 コミュニティ2015 (AEC-2015)開催後に、加工産業と製造業における 産業土台となるのに十分な 可能性を秘めている。その実現には インドネシアがインフラ、土地、熟練 労働者を 上手く動かせるかどうかに 大いにかかっている。AEC-2015に 直面するにあたって、インドネシアは 社会的要因の準備をするのが 最も重要になっ てくる。それは、AECを受け入れるための 人々のことだ。インドネシアは ASEAN経済 コミュニティの中で 戦っていく上で中小企業  (UMKM)の人々に 準備させるという点では 組織的でも首尾一貫しているわけでもない。そして中小企業は AECの中で役割を 演じなければならない、なぜな らインドネシアは 国内要素統合によって AECに直面するにあたって 未だ大いに努力する 必要があるのだ。

イ ンドネシア ASEAN経済 はASEAN市場 統合準備を早めるべき

アセアンロゴ, アセアン国イ ンドネシアは 東南アジア諸国連合 (ASEAN)の 最大の目的でもある2015年からの ASEAN市場統合のための 準備を早めなければならない。インドネシアは ASEAN内で40パーセン トの 経済資源国土を占めており、インドネシアは 製造業での競争力、人的資源の向上と、それに 伴う取り決め設ける 必要がある。

AEC が2015年に 実施される際には、ただ製品と サービスだけがこの 地域内で移動するわけではない、労働力も 移動するのだ。この点で インドネシアは 製品とサー ビス品質 だけではなく、人々の技術も 向上されることに迫られ、インドネシアが 他国だけの市場と 成り下がらないようにするわけである。この点でも インドネシ アは 2億4000万もの人口があるゆえに 熟練労働者の 輸出大国となりうるということを 銘記しておくべきだ。
2015 年のAEC発足に直面するにあたってインドネシアは競争力を向上させる必要があり、AEC-2015において重要な役割を演じる上で大人口のゆえの人的資 源の競争が予想される。インドネシアはまた豊富な天然資源があり、地理的にも優位に立てる位置にある。すべての面で、ビジネスメーカー、政府、下院、ビジ ネス競争管理委員会はAEC-2015でインドネシアが主役になるために協力しあうことが必至だ。

アセアン国経済, アセアン国イ ンドネシア ASEAN経済.
そ れで、2年後に実施されるASEAN市場統合に対してインドネシアが恐れる必要はなくなるのだ。ASEAN自由貿易は脅威ではなくむしろチャンスなのであ る。AECは言うならば挑戦であり、チャンスでもある。今はただ黙ってため息をついているのではなく、AEC実施に向けて励み、今ある自由貿易の質を向上 させておく時なのだ。もし以前までの自由貿易が製品のみだったのなら、AECによって投資や労働者、他の面まで強化されることになる。
現 時点でインドネシアに海外からの労働者やコンサルタントが入ってきている。このことはインドネシアにとってインドネシアも他国に入るチャンスがあるという ことなのだ。この地域において人的資源の公平な動きを可能にするためにASEANはこの点で条約を結んでおく必要があるだろう。

人 的資源の 質向上のためASEANの他の 加盟国と共に、標準化された トレーニングおよび 労働能力によって努力がなされる べきである。この点は、この地域に お いての協力発展の バロメーターとして用いられる。人的資源の質の 標準化が始めから 周到に準備されていなかったなら、ASEANは 先進国絡みの グローバルな 問題に 直面することだろう。グローバル世界で 戦っていく上で、能力向上の努力は ASEANの未来のためにも 無くてはならないものだ。ASEAN加盟国の 全 員が技術、専門知識、仕事能力標準を 準備する必要がある。教育、コース、訓練、専門学校と 高等教育は少なくとも ASEAN標準レベルの それらを念頭に置く べきで、それでやっと すべてのASEAN能力標準 カルキュラムが 国際的レベルに達したことを 認められるのだ。

投資に 関してBNI銀行の リアン・キルント氏は、投資家が この地域で 投資ができると いうことで、AECも インドネシアに対し 機会を設けていると 語る。インドネシアは 政府と産業界との 周到な 協働が 必要なようだ。
とはいえ、インドネシアの 銀行と産業界は 国内の事柄にも 目を向けなければならない だろう。海外投資への 幸福感という 罠に引っかかっては いけない。

バリ島ニュース – 2013年06月

FAO賞はインドネシアの宿題終了でない 6月28日
ハウスプレナリーは改訂予算法案を制定し法律にする 6月27日
インドネシアは飢餓克服に成功する 6月25日
インドネシアは潜水艦製造のインフラを構築する 6月21日
アメリカ大使 アメリカとインドネシアの軍事演習オープニングに参加 6月20日
インドネシアは森林と海洋保護の指導を期待される 6月19日
エアアジア・カーゴ エミレーツ航空、エティハド航空、バージン・アトランティック航空に勝利 6月18日
インドネシア ASEAN市場にて9部門の産業を優先する方針 6月17日
バリは40万人の中国人観光客を目標にする 6月12日
インドネシア ASEAN産業の土台となる可能性 6月04日
オーストラリア APEC2013でインドネシアを支持 6月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.