インドネシア 森林 警備増員の必要

インドネシア 森林 警備増員の必要
INDONESIA TODAY

インドネシア は希少動物保護と森林 破壊の保護のため、森林警備員と森林技術者の 増員が 必要だと 世界野生生物基金  (WWF )インドネシア支部は 述べた。 そ れはまた、トラ生息域と トラ狩りへの 損害 を防止する ためでもある。森林省は この 活動を 支援するために、国民の 活発な 参加を 通して より森林保護に 着手する 予定だ。スマトラの 森林 は スマトラタイガー の様な 典型的な 動物にだけではなく、人々の 生活の 中心としても 重要 なのである。したがって 両者は 活発に 森林保護に 力を注がなければならないのだ。
スマトラタイガー 保護 のために行われている 努力の 一つに、自然森林区域を 拡大し、その区域縮小を 許さない、というものがある。トラ生息地の 回復には、インドネシア 国民全体との 連帯が 必要なのだ。
国民は 環境と 希少動物に 対して 貢献す る必要がある。私たちが 日々 消費しているものが、直接か 間接かに 関わりなく スマトラタイガーや インドネシア の 森林に 脅威を もたらすのだ。それで、種の保存が 森林省だけの 責任ではなく、インドネシア国民全体の 責任でもあるのだ。

インドネシア 森林 警備増員の必要

インドネシア 森林, インドネシア 森林警備増員2008 年の 国際自然保護連合 (IUCN )のリストによると、毎年51頭もの トラ が 殺され、その 76% が 違法取引が 原因だという。いずれにしても、クリンチ・スブ ラッ 国立公園連合(TNKS) 特別トラ警察 (PHS)は スマトラタイガー 絶滅防止のための 努力が ラマダン 期間中に 行われた。

ラマダン期間中の この活動は チグリス・スマトラ種の 絶滅防止の  一貫である。この種の 数は 年々 減少しており、現時点で 100から 200頭が 殺され 絶滅寸前なの だ。集団行動のため 広大な 森林を 必要とする ライオンとは違い、トラは単独で行動し、交尾も 自分の家系とは 違う メスで 健康なものを選ぶ。良い メスと 交尾する ために トラは 50平方キロの テリトリー を持ち、対して メスは 20平方キロだ。残りの数から見れば、近親相姦が起こった、そのために 不健康なものができたも のと結論できる。

イノシシ狩り という脅威

インドネシア 森林, スマトラトラス マトラタイガー 生息地が 危機に 晒されている。これは 西スマトラで イノシシ狩り が盛んになり、年間50頭のイノシシを食べるトラの数 が 減少する 原因になって いる。もしこの調子でイノシシ狩りを 続けるなら、スマトラタイガーは 自分たちの 食料が なくなるという 恐怖を 持つだろう。長い目で見れば、トラは 別の 土地に 移動し、その多くが 死ぬために 数が 減少するのだ。
イノシシ狩りが 盛んになったことで、1994年 に わずか500頭しかいなかった スマトラに トラ保護区を 設置することになったのだ。

BKSDA によると、西スマトラ での スマトラタイガー 生息地は77%、ブキッティンギー市、パダンパンジャン市、ムンタワイ諸島で、生息が 確認されている。 BKSDA によると、西スマトラでの スマトラタイガー 生息地は77%、BKKSDAも スマトラタイガー保護に 乗り出しており、市民を 絶滅に 瀕している動物 の種を 保護する 必要性ついて 教え込む 活動を行っている。

バリ島ニュース – 2013年08月

インドネシア 森林警備増員の必要 8月26日
バリはE-ツーリズムサミットのホストになる 8月23日

キンタマニ-バリ、地域密着型の観光 8月20日

バリ 不法入国の通過点と化す 8月19日

バリの小産業製品輸出量は12.69%増加 8月16日

バリの若者はウブドの田園に環境コンサートのため集合 8月14日

バリのギリマヌック港―帰省者と観光客で大混雑 8月13日

レバラン期間のバリ島 8月07日

バリ料理とガムラン伝統音楽 観光促進に期待8月06日

バリは帰省者へサービス、イドゥルフィットリー準備8月05日
APEC バリの経済成長を促進8月02日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.