インドネシアのルワックコーヒー

インドネシアのルワックコーヒー
INDONESIA TODAY

インドネシアのルワックコーヒー 、もしくは シベットコーヒー は、アジアン・パーム・シベット(Paradoxurus hermaphroditus)や コーヒーネズミに 一度食べられ、排出された コーヒー豆 を指す。この名前は、それらの 豆から 淹れた コーヒーにも 使われている。コーヒー豆の 生産プロセス、ルワックコーヒー 製品は、ジャコウネコが 行う 選別と 消化という2つの メカニズムを 通して コーヒーの 質が 向上すると 考えられている。ジャコウネコは、良質の コーヒー果実を 選んで 食べることにより コーヒー豆を 選別する。消化 メカニズムは、食べられた コーヒー豆の 風味を 向上させる。ジャコウネコは コーヒー豆を 食べ、そして 消化器官で発酵を 起こす。ルワックコーヒーの 由来は インドネシアの コーヒー生産の 歴史と 深い 関係がある。

18世紀の 初頭に オランダ人は、ジャワ島と スマトラ島で コーヒー農園を 建設し、その農園は 最初に イエメンで 知られている アラビカコーヒーと その他の 種々の コーヒーを 生産した。培養 システム(Cultuurstelsel)時代、1830 ~ 1870年 にオランダ人は 原住民の 農夫が 私用で コーヒー果実を えるため 農園での 仕事を 禁止した。しかし、原住民の 農夫たちは 有名なコーヒー飲料の 味 を所持したいと 願った。また、彼らは ジャコウネコ もしくは アジアン・パーム・シベット が 特定の 種類のコーヒー果実を 食していること、糞の中に 未消化の コーヒー豆を 残す 事を 学んだ。彼らの 土地で 自分自身が 消費するために、この糞から この コーヒー豆を 集め、洗浄し、焙煎した。ルワックコーヒーの 香りの 評判は、地元の 人達から オランダ人の 農園所有者へ 広がり、このことは 彼らに とても 好まれた。しかし、希少性と 異例な プロセスのゆえに、ルワックコーヒーは 高値になり、とりわけ 植民地時代は 更に 高級だった。

ジャコウネコが 生産するコーヒーの味

コーヒールワク, インドネシアルワクルワックコーヒーの 味は ジャコウネコの コンディションに左右されるため、非常に 変化に 富む。ルワックコーヒーは ジャコウネコの 糞から 集められた コーヒー豆の 名前である。それにより、ルワックコーヒーの 味は、種類と 消化された豆の 出処に 影響される。ジャコウネコ の豆選びの 能力は食事の 状況や 健康面により、ルワックコーヒーの 処理工程と 風味に 影響する。野生の ジャコウネコ から コーヒー豆を集める方法は すでに、天然の コーヒーの 生産源として ジャコウネコが どこで 飼育されるか という 集約農業の 方法を 提供している。しかし その生産方法は、閉じ込められ、隔離された 状況にあるゆえに、悪い 食習慣と、小さな 檻は 高い死亡率を生み、ジャコウネコの 健康について 心配を 引き起こした。ジャコウネコ農家も 選択メカニズムは 自然に 基づいて おらず、野生の ジャコウネコから 集められる 豆と 比べ、品質の 悪い コーヒー豆を 生産しているために、伝統的な 農家によって批判 されている。この ルワックコーヒー 生産飼育方法は、斬新 な方法とみなされた。

コーヒー豆、インドネシアルワクコーヒーアメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)は この生産は悪い状況にあると述べた。アメリカスペシャルティコーヒー協会は、市販されているコーヒーは、本来の生産能力の50倍を超えるので、ほとんどすべてのルワックコーヒーは偽物であると主張した。ルワックコーヒーは格別で一般的なコーヒーのようではない。このコーヒーは小売価格で1キロ€ 550 / US $ 700 に達し、世界で一番高級なコーヒーとして格付けされる。天然のルワックコーヒーは森で発見されたり、コルディレラ地方のKape Motitとして知られるフィリピンのようなアジアの諸島、タガログ地方のkape alamid、ミンダナオ諸島のKampe Melo、またはKape Musangの飼育者により生産されている。東ティモールではKAFE-lakuと呼ばれている。ジャコウネコを通して様々な異なった方法で生産されるルワックコーヒーは ベトナム語でCa Phe Chonと呼ばれている。

バリ島ニュース – 2013年03月

国際海藻シンポジウム-バリ島のヌサドゥアで大きな会合 3月29日
電気料金の値上げと、4,310億ルピアで国電は海底ケーブルプロジェクトを構築する 3月27日
インドネシアの観光経済産業大臣は、イギリス、デンマーク、アイルランドで商業について討議する 3月26日
27カ国はミレニアム開発目標の修正をバリで討議する 3月25日
インドネシアは世界最大のココアとコーヒー生産プロデューサー 3月22日
インドネシアはASEAN-OSRAP のホストに選ばれる 3月21日
クリスティアヌ・ロナウドはインドネシアでマングローブ大使になる 3月19日
インドネシアと東ティモールは保健医療協力を延長する3月18日」
インドネシアとイラクの二国間協力の進展 3月16日」
ベルリン国際観光展でセールスマンと仲介者しての大統領 3月14日」
マレーシアの国境紛争 3月08日」
インドネシアとドイツの二国間協議 「2013年3月07日」
インドネシアは観光業の発展とベルリン国際観光展の主催者になることを望む 「2013年3月04日」
インドネシアのルワックコーヒー 「2013年3月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.