インドネシア インセンティブ旅行を推進

インドネシア インセンティブ旅行を推進
INDONESIA TODAY

MICEのほとんどのコンポーネントはよく インセンティブ旅行と会議会 を除いて理解されている。インセンティブ観光は 通常ノルマ達成か、良い仕事っぷりをした 従業員への報酬として企業や 教育機関から与えられる。他のMICE観光とは 違い、インセンティブ観光は 通常の娯楽ではなく、専門的であったり 教育目的のために行われている。
インドネシア政府は 現在、バリとジャカルタを中心とした 観光パッケージ MICE(ミーティング、インセンティブ、会議、展示会)を積極的に 推進している。インドネシア観光と 創造的な経済省の 先の開発のための 局長は、国への訪問者数を 増加させるMICEの巨大な可能性を 実現したと述べた。インドネシアは同省を 通じて、2007年にMICEの活動を 扱う総局を設立。MICEは世界的な 景気後退、政治的動乱や、世界、地域および​​ 国の紛争を通じて 持続的な収益性の 高い事業であった。インドネシアは世界の MICE産業の現在の 要求に応えるにはあまりにも 遅れている。我々は、開発の改善指摘し、MICEの推進に 重点を置かなければならない。

バリ島トップデスティネーション

MICEデスティネーション、バリ・インセンティブ、バリ・インセンティブ・トリップ同省のデータが MICEについての16の 潜在的な都市を明らかにし、もちろん バリやジャカルタ は活動要因のために最もよく 整えられている。そのいくつかは 国内MICE産業の発展を 妨げていた。その要因としては、MICEと関連 おある企業がまだ限られている ということだ。MICEの ワークショップの意図は、総合的な 産業への知識、その展望と 課題に観光、政府関係者、その他の 関係者の人々を提供 することだ。

バリでのMICE プレイヤーは、3日以上滞在した 観光客を尊重する インセンティブ旅行 を適用するには、インドネシア、特にバリ にとっては今やその時だ、と語った。良い働きをした 従業員や観光客の両方に インセンティブ旅行は 与えられる。より良い働きを してもらう動機づけに なるようインセンティブを 与えている。バリMICEデスティネーション、バリMICE, MICEデスティネーション、旅行者はより 長く滞在した者に インセンティブが 与えられる。インセンティブ 旅行は、観光でのより多くの 投資を誘致。効果的にインセンティブ旅行を 管理するには、目的地管理会社」(DMC)と密接に 関連していかなければならない。インドネシアでの ビジネスに興味がある 可能性があるアジア 太平洋地域での DMCは何百も存在する。

国際会議コンベンション協会

アムステルダムベースの 国際会議コンベンション協会(ICCA)では、唯一インドネシアでの 適切なMICE開催地として、ジャカルタとバリ が含まれている。国際交流協会会議 市場によると、インドネシアは 109 ICCA加盟国から41位 となった。一方、バリとジャカルタは インドネシアのMICEを サポートする豊富な文化と 自然の資源を持っているため、ワークショップは、インドネシアが 素晴らしいMICEの可能性を 持っていた世界で390 MICE都市のうちの 48位と182位にランクされた。インドネシアはその バリで、観光パッケージ 以外にも米国と欧州からの 観光客を誘致することができる。しかし、直行便などの 交通機関の欠如など、MICEの世界地図から この巨大な潜在能力を凌駕していることも確かだ。

一方、オーストラリアのビジネスイベント産業の戦略的なコンサルタントは、バリが多くのオーストラリア人を集めていると述べた。インドネシアとオーストラリア間の政治的緊張が観光に重要な影響を与えてはいないと述べた。

バリ島ニュース – 2013年12月

バリのホテルでの休日と年末祝祭 12月06日
インドネシア インセンティブ旅行を推進 12月05日
バリ・トランベンの難破船ダイビングスポット 12月04日
国内投資家 バリの不動産市場を刺激 12月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.