インドネシアは観光業の発展とベルリン国際観光展の主催者になることを望む

インドネシアは観光業の発展とベルリン国際観光展の主催者になることを望む
INDONESIA TODAY

インドネシア観光 と 開発経済大臣 マリ・エルカ・パゲトゥ(Mari Elka Pangetu)は、2013年に アジアからの 観光客が 10パーセント 増加 するであろう と語った。また 大臣は、2013年 に インドネシアの 外国人観光客の 増加を 期待できると 語った。米国と ヨーロッパは 未だに 景気低迷を 経験しているが、2013年 の インドネシアの 外国人 観光客は 増加するだろう。EU連合 と 米国は 債務危機に 見舞われたに もかかわらず、2012年 に 観光部門と 外国人観光客は 5パーセント 増加 した。2012年 の インドネシア観光 の 成長は 約 3~4 パーセント で、世界の 増加率を 上回る。そのため、マリ氏 は 世界経済は 今後 進展すると思われるため、来年も 観光部門は 成長するだろう と楽観的だ。その他に、アジア地域の 国々は ヨーロッパの 債務危機から 深刻な 影響を 受けない。インドネシアは アジア地域での 観光成長に 多くの 期待を 抱いている。この 危機的な 時代、人々は 自国に 近い 地域へ 旅行することを 好んでいる。

別の面では、インドネシアは2013年3月5日から10日までドイツで開催されるベルリン国際観光展2013(ITB)の公式パートナー国として位置づけられる。インドネシアは1967年以来ITB行事に参加し、ITBベルリン2011の期間中、インドネシアは初めて公式パートナー国として誘われた。インドネシアはITB2017かITB2018で公式パートナー国となるよう勧められる。この事はインドネシアの観光プロモーションの良い機会となる。そのため、インドネシアは他国にインドネシア観光の潜在能力を示すASEAN観光フォーラム(ATF)のために、2012年1月にスラウェシ島北部のマナドで“ワンダフルインドネシア”と言うキャッチフレーズのもと、ITB委員により招待されたことは一つの事実だ。

ベルリン国際観光展

インドネシア大統領、ドイツ、インドネシア観光彼らはインドネシアの特徴と、この国はITBベルリン2013の公式パートナー国として承認を与えられ、高い可能性を秘めた観光分野を有していることを認識しているゆえに神に感謝している。サプタ・ニルワンダル(Sapta Nirwandar)は、インドネシアは、2012年にエジプト、2011年にポーランドが達成したように、公式パートナー国としての機会を掴むため他の180カ国と競い合っていると述べた。ベルリンITBはヨーロッパの国々のみ参加するのではなくなって以来、全世界でバティックのファッションショー、料理とダンス披露フェスティバルのような様々な観光を通して、インドネシアでも全世界へ国内観光プロモーションのための最高の機会が開かれるだろう。このプロモーションは効果的な長期的投資と言える。国内観光は860万人から900万人の訪問者をターゲットにしており、その一つとしてこの企画を通して達成される。インドネシア観光, ドイツ語ドイツ語協力公式パートナー国としてインドネシアは、主要なプロモーションの表示であるビルボードとその他の看板に、インドネシア・スパウェルネスエリアのため410平方メートルを加えた66平方メートルのブースを理想的なロケーションに整える権利を有している。

儀礼イベント開会式典の間に、ユドヨノ大統領とドイツのカウンセラー、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)の出席が確認された。開会式の間、ITBベルリン2013公式パートナー国であるインドネシアのメインスポンサーとしてアコルグループは、全世界の4千人のお客様へ観光プロモーション用にガラ・ディナーと文化式典を開催する。インドネシアは、90のツアーガイドを含む観光産業の国営パビリオン、宿泊施設(アパートメント・ホテル・リゾート)のメインテーマとして”Matters Heart”を選び、地方の州はその式典に参加した。

バリ島ニュース – 2013年03月

国際海藻シンポジウム-バリ島のヌサドゥアで大きな会合 3月29日
電気料金の値上げと、4,310億ルピアで国電は海底ケーブルプロジェクトを構築する 3月27日
インドネシアの観光経済産業大臣は、イギリス、デンマーク、アイルランドで商業について討議する 3月26日
27カ国はミレニアム開発目標の修正をバリで討議する 3月25日
インドネシアは世界最大のココアとコーヒー生産プロデューサー 3月22日
インドネシアはASEAN-OSRAP のホストに選ばれる 3月21日
クリスティアヌ・ロナウドはインドネシアでマングローブ大使になる 3月19日
インドネシアと東ティモールは保健医療協力を延長する3月18日」
インドネシアとイラクの二国間協力の進展 3月16日」
ベルリン国際観光展でセールスマンと仲介者しての大統領 3月14日」
マレーシアの国境紛争 3月08日」
インドネシアとドイツの二国間協議 「2013年3月07日」
インドネシアは観光業の発展とベルリン国際観光展の主催者になることを望む 「2013年3月04日」
インドネシアのルワックコーヒー 「2013年3月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.