インドネシア航空輸送 が国内観光の開発を促進

インドネシア航空輸送 が国内観光の開発を促進
INDONESIA TODAY

経済と 観光開発産業省の 国内観光推進ディレクター、 Mファリエドは インドネシア航空輸送 が重要な 要因となり 国内観光の 開発において 大きな 役割を 果たしていると 述べた。既に 航空輸送は、インドネシア 国内の 観光客の 移動を 陸送した後に 大きな 役割を果たした 事実を 発見した。今年、予定されている 国内線での 全国の 航空会社の 収容能力は 9千982万 座席に 達し、航空会社は 117の 都市へ 飛行しており、昨年と 比較して 大きく 上昇した。

昨年の 国内線の 収容能力は、発着 都市は 104都市で、8千170万 座席に とどまった。ジャワの 9つ の 空港は 国内線の 収容能力として 4千863万 座席 または 全国の 収容能力の 48.72パーセントを 持っている。

ガルーダインドネシア, インドネシア航空輸送空港が 29ある 第二位の スマトラは 国内線の 収容能力 1千688万 座席 であり、第三位の カリマンタン は、空港が20 あり 収容能力が 1千51万 座席、もしくは 全国の 収容能力の 10.53 パーセントだ。空港が 11 ある スラウェシは 国内線の 収容能力1千360万座席もしくは10.53パーセントを持ち、バリは570万座席または5.7パーセント、空港が20あるパプアは356万座席または3.57パーセントととなっており、ジャカルタとバンドゥン以外の地方間の旅行は、国内観光客を支配している。
ファリエド氏は、最大で40パーセントを占める一定した運送費用、会議、インセンティブ、カンファレンス、展示会(MICE)分野においても観光客は国内の観光向上を支援していると語った。

多くの観光客はインターネットでインドネシアの情報を探す

インドネシア航空輸送, タナロット工寺院観光とクリエイティブ経済省の高官は、ほとんどの観光客はインターネットからインドネシアの情報を見つけて訪問していると述べた。インドネシアに訪れる61.8パーセントの観光客は、インターネットで情報を検索後、インドネシアに来ることを決めた。2012年に政府は、ジャカルタのスカルノハッタ空港で調査し、この国の様々な観光スポットを見学後、帰国する外国人観光客にインタビューした。これにより、観光とクリエイティブ経済省は過去数年間で電子観光、情報技術と国の観光スポット促進のための通信の活用コンセプトを開発してきた。
インターネットベースの観光サービスは、facebooksやTwitterなどソーシャルネットワークを筆頭にオンラインメディアを用いたおよそ4億人を対象にした調査に基づき、国内で観光推進する従来の方法より効果的である事がわかった。

バリ島ニュース – 2013年07月

旅行代理店がバリ・アンド・ビヨンド・トラベルフェアのホストに 7月31日
政府が精錬所開発を支持する方針7月30日

日本とインドネシアは珊瑚を移植する 7月29日

アジア開発銀行 個人消費によるインドネシア成長を予想 7月25日

APECは大統領はバリでのAPEC首脳会議の準備と海上有料道路を確認7月23日

APECはインドネシアの優先事項を討議 7月22日

インドネシアコーヒーフェスティバル2013 inジョグジャカルタ7月19日

財務部局と日本FSAが提携に合意 ト7月18日

政府は投資向上のためライセンス規定をカット7月17日

日本はインドネシア国民に対しビザ条件を緩和する 7月15日

燃料価格上昇 観光に影響懸念 7月12日

世界銀行 インドネシアの経済成長目標を下降修正 7月11日

航空輸送が国内観光の開発を促進 7月10日

燃料値上げに対し燃料消費量が増加する 7月04日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.