インドネシアの経済成長 は前途有望

インドネシアの経済成長 は前途有望
INDONESIA TODAY

財務大臣 アグス・マルトワルドヨ(Agus Martowardojo)は、現在の グローバル環境は 6パーセント の インドネシアの経済成長 率を 維持しており、国の経済状態は 見通しが 良い と述べた。2012年、24パーセントの 投資成長率ゆえの この 良好な インドネシアの経済状態 は、ヨーロッパと 米国を 襲った 危機の中で 好成績だ。

経済成長, インドネシア経済, インドネシア経済成長

2012年 に経済成長が 伸び悩み 心配が 多かったが、インドネシアは 6,2パーセント の成長と 24パーセント の投資達成が 可能だろう。そのような 状況は、世界の 安定した見通しを 提供する 国際的な 格付け機関 フィッチ·レーティングスも含め、インドネシア経済の パフォーマンスを 世界に 認識させてくれる。2013年 もインドネシアは 良好な 状態を 保つと、アナリストや 格付け 機関は 楽観視 している。そのために、政府とインドネシア中央銀行は、国内金融システムの安定を見守り続けると共に、インドネシアはこの年に良質の 経済成長を 有していることを、国際社会に 確信させる。インドネシアは 良質の 成長と 継続性を 持っている。昨年は1 997年 以来 初めて、国内総生産(GDP)から 2,7パーセント の 経常収支の 赤字 になったが、格付け機関 フィッチ·レーティングス は 最新の リリースの中で、インドネシア経済の 安定した 見通しを 示してる。フィッチは インドネシア中央銀行は 依然として 外部要因、すなわち、世界的な 不確実性 に対して 脆弱である 金融政策、為替レートの変動を​​ 予測し、金融システムの安定を 維持するように 願っている。

食品と飲料の フランチャイズ事業に
新たな規制

フランスインドネシア, インドネシア経済食品と飲料のフランチャイズ事業に対して政府から出た新たな規制は、食品と飲料のフランチャイズシステムに対して出された新しい規則である。この規制を基盤として、フランチャイザーとフランチャイジーは新店舗で、資本の30~40パーセントを用いて第三の投資に関わるように義務付けられた。この規制は、既に250の店舗を所有しているフランチャイザーとフランチャイジーにより開かれる新店舗に、効果的に当てはまる。新しい店舗で100億ルピア以下、第三者側は新たな株式の少なくとも40パーセントと、100億ルピア以上に相当する資本、新たに参加する投資家は少なくとも30パーセントを保有していること。

規制No 07/M-DAG/PER/2/2013は食品と飲料の分野で中小企業を向上させると期待されている。この分野のフランチャイズ事業にとってより適した状況を創りだすことができ、世界的に競争するため新たな投資と創造性を推し進める。この規制は国のビジネスとフランチャイズシステムの比較的早急な成長を生みだすよう期待されている。政府のフランチャイズ制度の下でビジネスを通して、より高いコンテンツを用いた良い販売を求めることで、より多くのローカル製品を宣伝することを願っている。フランチャイズ制度の下でのビジネスは、それらのライセンスに従わずに商品を販売するフランチャイズ店舗を管理するべきである。

バリ島ニュース – 2013年02月

リッポ・チカランは日本中小企業ビジネスセンターを建設 「2013年2月28日」
中国系インドネシア市民は国を前進させる国家の一員「2013年2月27日」

インドネシアの経済成長は前途有望「2013年2月25日」

インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う「2013年2月22日」

インドネシア・日本が軍事協力の新時代を開始する 「2013年2月21日」

インドネシアは未だにハンセン病を根絶できない 「2013年2月20日」

日本の事業主はインドネシアで投資を希望している 「2013年2月18日」

インドネシアの森林保護整備 「2013年2月14日」

インドネシア観光局は16ヶ所の観光地を重点的に開発 「2013年2月11日」

インドネシア・バリ島でのAPEC会議に向けて「2013年2月07日」

アジア太平洋経済協力会議、北スマトラへの投資を望む日本企業 「2013年2月05日」

インドネシア国内でも有数の航空会、バタビア航空「2013年2月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.