インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う

インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う
INDONESIA TODAY

インドネシアはミレニアム宣言の調印国 の一つとして、2015年に安全な飲料水を 利用できない人々の割合を 半減する目標を掲げたミレニアム開発目標(MDGs)の達成に取り組んでいます。この目標はミレニアム 開発目標で、貧困と飢餓の撲滅、世界初等教育の 達成、性別の均等推進と 女性の社会的地位の 確率、子どもの 死亡率の削減、婦人の健康の改善、HIV /エイズ、マラリア、その他の 疾病の減少、環境の確保、建設のための グローバルパートナーシップの構築の8つから成る。インドネシア政府は、飲用水と 衛生のためのナショナル・プログラムの中に ミレニアム開発目標を取り入れた。インドネシアで 1億人以上が安全な飲料水を 入手出来ないので、国はこのプログラムを 果たすために一生懸命働かなくては ならない。最近政府は、68パーセントの人に 清潔な 水資源を供給することを含む、ミレニアム開発目標を 満たすため、国家水資源評議会の 成果向上を目指している。現在、清潔な水資源は 55パーセントに達した。水資源は国の 食料貯蔵プログラムの一部である コメの生産向上のためにとても大切である。

政府は2014年に、およそ250万ヘクタールの 乾燥地を耕し、水力、電力を 作り出すことで、1000万人分の 米余剰が出るように目標を掲げた。そのために インドネシア政府はインフラと 清潔な水の 供給手段を高め、灌漑システムを 修理する。中央政府と地方行政との 調整は清潔な水の供給と灌漑システムの インフラを目指さなければならない。国家開発計画庁の 長でもある大臣は 綺麗な水管網の 開発は2015年で68パーセント、現在は 55パーセントに達している。それで13パーセントの 隔たりがあるが、私たちはそれを 満たさなければならない。総予算額は、652億7千万ルピアに 達し、政府からの120億ルピア、投資家からの 532億7千万ルピアから成り、清潔な水資源目標の68,87パーセントに 達するために必要とされる。国家の水会社は 財政面で健全な状態ではなく、今日彼らの 幾人かはクレジットを 受け取る権利を 維持するための 条件として構築されているゆえに、清潔な水源供給は低い。

インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う

インドネシア清潔な水資源インドネシアの清潔な水供給企業協会の会長は、清潔な水を供給可能な水会社は、都市部へ41,88パーセント、農村部へ13,9パーセント、平均して27パーセント供給したと国へ説明した。2011年までに清潔な水資源を得ることが出来た人は、総人口のたった55,04パーセントであった。このことは2015年の目標68,87パーセント、ミレニアム開発目標からまだ遠くかけ離れている。地域飲用水企業(PDAM)の多くは限界のある人の力の成果としてまだ十分に組織されていない。アイドル容量も設備容量の15パーセントに達する問題である。調査されていない水利用は、平均で水の総利用量の40パーセントに達すると高い。ブディオノ(Boediono)副大統領は2013年1月に、国民のために基本的に必要とされる清潔な水を供給するため県や町の行政を思い起こした。地方行政も液体廃棄物を処理する責任がある。ブディオノ(Boediono)副大統領はこのことを、今年初めに開催されたインドネシアの水と廃水エキスポ、ジャカルタ2013年フォーラムのレセプションで述べた。県と町の行政は、基本的に必要とされる清潔な水の供給について中央政府と協力し て働かなくてはならない。

インドネシア、水、清浄な水インドネシア政府は インドネシアの人々の尊厳を高めるために、ミレニアム開発目標に 達するように誓約をした。清潔な水の 利用は主な目的の一つだ。このことは 清潔な水の供給と廃水処理施設の開発において公共、民間の パートナーシップを築くために、地方高官に よって推し進められる必要がある。政府はスマトラ、カリマンタン、パプアのような 地域で、泥炭水処理工場の 建設に集中する必要がある。534,000 平方キロメートルの 面積中のインドネシアの 内陸水域は、湿地エリア394,000平方キロメートル、流域及び 洪水域119,500平方キロメートル、16,000平方 キロメートルの人工湖と 5,000平方キロメートルの 自然湖で構成されている。521の湖のうち1 4の湖は100メートルを超える 深さがあり、8つの湖は 水深200メートルを超え、3つの湖は水深4 00メートルを超える。全体としてインドネシアの 淡水は年間平均15,500立方メートルに 達する。淡水の供給量は 年間一人あたりの世界の 淡水供給量約 600立方メートルと比較した 場合、およそ 25倍になり、かなり大きい。

バリ島ニュース – 2013年02月

リッポ・チカランは日本中小企業ビジネスセンターを建設 「2013年2月28日」
中国系インドネシア市民は国を前進させる国家の一員「2013年2月27日」

インドネシアの経済成長は前途有望「2013年2月25日」

インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う「2013年2月22日」

インドネシア・日本が軍事協力の新時代を開始する 「2013年2月21日」

インドネシアは未だにハンセン病を根絶できない 「2013年2月20日」

日本の事業主はインドネシアで投資を希望している 「2013年2月18日」

インドネシアの森林保護整備 「2013年2月14日」

インドネシア観光局は16ヶ所の観光地を重点的に開発 「2013年2月11日」

インドネシア・バリ島でのAPEC会議に向けて「2013年2月07日」

アジア太平洋経済協力会議、北スマトラへの投資を望む日本企業 「2013年2月05日」

インドネシア国内でも有数の航空会、バタビア航空「2013年2月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.