インドネシアの森林保護整備

インドネシアの森林保護整備
INDONESIA TODAY

およそ5,200キロメートルにわたる 約17,000の島嶼からなる インドネシアの森林 面積で世界第8位。アジアで最大規模の 低地熱帯雨林を有し、生物多様性が 世界で最も高い国とも言われています。例えば、ほ乳類は世界陸地の 1%程度の国土に世界の 12%にあたる515種類が確認されています。国連食糧農業機関(FAO)の 世界森林資源評価に よると、インドネシアの 森林面積は国土の 約50%にあたると推計されている。1970年代から 90年代には年間 60万~120ヘクタールの 森林が減少したと推計されます。1990年代~2000年には 年間191万ヘクタールもの 森林減少面積となった。しかし現在は国の 政策により、既に6,400万ヘクタールの 森林が再生されている。伴って 森林減少のスピードも 年間30万ヘクタールへと 減速している。インドネシアの カリマンタン島の森林は 地球の呼吸の中心とも 考えられている。農林大臣は 民間により 緑地開発の資金として 2兆5億ルピアを 提供します。木々の苗や 種子の購入費用として 借用できるにした。例えば、1ヘクタールの 土地の保持者はその 土地への植樹用20,000本の 木の購入費用として 100万ルピアを借用する ことができるのである。

インドネシアの森林

カリマンタン州地図, ボルネオ島, 森林保護インドネシアにおける森林減少・森林劣化の 増加の背景には 森林火災。天然林の多用途(産業植林、プランテーション、移住)、違法伐採などの 直接的な要因がある。林業大臣は インドネシアの多種多彩な 動植物の生存を 維持していくために森林保護は 重要であると述べた。専門家を 含むチームの研究、リサーチ結果を もとに森林減少を 食い止める努力をインドネシアは 続けている。政府は国家活動計画を 発動します。2020年までに 26%の温室効果ガス 排出量の削減にも 取り組んでいる。政府と民間が 協力してより多くの 植樹をすすめ。エネルギーと水の節約、自動車の 利用を減らしていく。インドネシアでは 森林保全の取り組みとして 注目される REDDプラス(途上国における 森林減少・劣化の抑制等によ る温室効果ガス 排出削減)に関連する。取り組み事例が 世界で最もの多く 実施されている。背景として、世界第3位の 温室効果ガス排出国であり、森林減少・劣化が 温室効果ガス排出原因の47%を占めております。スマトラやカリマンタン、パプアに広がる泥炭湿地林が開発されれば、温室効果ガスの排出をさらに加速させてしまうことが懸念されているからである。新たな森林保護の枠組みとして、REDDプラスに期待を寄せる。インドネシア政府は、ユドヨノ大統領が森林伐採を一時凍結するモラトリアルを発表する。一方で、既に失われた350万ヘクタールもの森林を取り戻すために、森林の炭素価値などを取り込んだ形です。天然林の保護、再生制度の整備も進めています。

森林保護, インドネシア森林保護インドネシア政府は 森林減少・劣化を食い止め、接続可能な 森林経営を促進するために 違法伐採の排除、森林火災の 予防、森林資源管理の 効率化。能力向上による 森林セクターの 再構築、劣化森林等の再生を 通じた森林資源の 保全。森林セクターの 地方分権化という 5つの優先政策を 打ち出している。継続した 植樹活動を 含む 政府政策の効果は あがっており、現在年間の 森林減少 速度は年間30万ヘ クタールほ どにまでとなり、最も大きな 効果はインドネシアの 熱帯雨林の 35%もが 政府によって 保護されている ことである。

バリ島ニュース – 2013年02月

リッポ・チカランは日本中小企業ビジネスセンターを建設 「2013年2月28日」
中国系インドネシア市民は国を前進させる国家の一員「2013年2月27日」

インドネシアの経済成長は前途有望「2013年2月25日」

インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う「2013年2月22日」

インドネシア・日本が軍事協力の新時代を開始する 「2013年2月21日」

インドネシアは未だにハンセン病を根絶できない 「2013年2月20日」

日本の事業主はインドネシアで投資を希望している 「2013年2月18日」

インドネシアの森林保護整備 「2013年2月14日」

インドネシア観光局は16ヶ所の観光地を重点的に開発 「2013年2月11日」

インドネシア・バリ島でのAPEC会議に向けて「2013年2月07日」

アジア太平洋経済協力会議、北スマトラへの投資を望む日本企業 「2013年2月05日」

インドネシア国内でも有数の航空会、バタビア航空「2013年2月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.