インドネシア・日本が 軍事協力 の新時代を開始する

インドネシア・日本が 軍事協力 の新時代を開始する
INDONESIA TODAY

インドネシア政府 と 日本政府 は 会合を 行った。話の 主題は 経済問題関係 であり、特に 商業と 投資協力について 話し合われた。その時 日本は、主要な 同盟国の 一つである インドネシア と 経済協力の 中で 新たな エピソードを 開きたかった。日本陸上自衛隊 大将 キミザカエイジ は、2013年 1月29日、ジャカルタで スシロー・バンバン・ユドヨノ大統領を 表敬訪問 した。キミザカ大将 は 二国間の 軍事協力 について 討議した。インドネシアと 日本は かつて 軍事分野で 協力することに 同意している。特に 軍事訓練、 練習、 人力開発 、防衛産業 , 反テロ、災害対策、インドネシアの 防衛だ。ユドヨノ大統領 と キミザカ氏は 会合の 後、日本と インドネシアの 双務契約が 以前は 経済分野に 集中されていたが、現在の 政府は 軍事分野でも 協力をする事が 可能と 話した。インドネシアの 会合でも、今年 9月に 開催される インドネシア、西ジャワの 安全と平和(IPSC)テロ対策の訓練に 参加するよう 日本を 招待した。

日本は18カ国を含む反テロ演習に参加することに合意した。第二次世界大戦後、憲法によれば許されていないが、日本は東アジアにおける不利な治安状況のために防衛力を培う決定をし、日本は将来計画について、インドネシアに伝えた。第二次世界大戦後日本は軍事力を培うことは許されていないが、現在は状況が変わっている。日本の天皇は、1942年3月から1945年の終戦までの第二次世界大戦中に、オランダ領として知られるインドネシアを占領した。日本軍はまた、他の幾つかの国を侵略していた。アメリカ合衆国は1945年8月14日に2つの原子爆弾を広島と長崎に落としたため、1945年8月14日に日本政府は降伏する。1945年9月2日第二次世界大戦は正式に終戦した。それ以来、日本人は平和主義国家になろうと決心した。“平和憲法”と呼ばれる憲法第9条では、日本は戦争を宣言する権利や陸軍または海軍の創設を禁じている。日本人は争いを終わらせる手段として武力行使の脅威と防衛されない武器を持つ軍隊を永遠に主権的権利として放棄した。しかし日本は東シナ海の争いで変化した中国と緊張状態にある。

インドネシア日本が軍事協力

インドネシア軍事、地図日本は新しい方法で知名度を高める努力をしている。数十年中に、軍事支援を提供し、地域の同盟関係を築く努力の中で自国の武力軍を紹介し、台頭する中国に対抗して他の国々の防衛を支持する。アメリカのメディアによると、日本は、カンボジアと東ティモールでの道路建設と災害援助の技術、軍事技術者を訓練するために、200万ドルの契約に賛成した。日本の防衛省は、インドネシアとベトナムを援助するために来年、軍事支援プログラムを2倍に増やす。会合の後、インドネシアと自衛隊の代表団の間で、ジュリアン・A・パシャ大統領府報道官は、インドネシア政府と日本は中央アジア、東アジア、アジア太平洋地域で安定を守るために協力するよう集約化した。その2つの国は、アジアで防衛されなければならないと同意した。日本とインドネシアは、積極的に地域安全の調停のために貢献するだろう。インドネシアの外交官マルティナタレガワも、二国の代表団はその会合の中で軍事協力の討議をした、と表明した。

双務契約 をより 強めるための 努力に 関連した ディスカッション は、地域の 安定性を 守ることも 含まれる。軍事演習, インドネシア日本, インドネシア日本軍その 会合の中 で、キミザカエイジ 大将 は、インドネシア 日本大使 カトリヨシノリ氏、ナカノヨシヒサ 大佐(C4 研究 と 陸上自衛隊 の プログラムと 対策省の トップ)と、日本大使館 擁護担当官隊長 コンドウトシアキ と席を 共にした。ユドヨノ大統領は 外務大臣 マルティ・ナタレガワ、防衛大臣 プルノモ・ユスギアントロ、スタッフ長 陸軍将軍 プラモノ・エディ・ウィドヲとテウク・ファイザシャーを 国際関係における 大統領専用 スタッフ とした。2013年1月18日に、ユドヨノ大統領はジャカルタの双務契約会合で、日本の総理大臣安倍晋三氏と経済分野に限らず、あらゆる分野で双務契約の協力を強化するよう努力を払うことについて討議をした。ご存知のように、日本とインドネシアの双務契約はとても良好で明白、防衛・軍事協力を含む協力関係はこれからも継続するだろう。ユドヨノ大統領を表敬訪問する一日前、キミザカエイジ大将はインドネシア軍の主拠点、特殊部隊コパススを訪問した。彼は司令官代表コパスス・マイジェン・アグス・ストモを代表するコパスス・ブリジェン・ジャスワンディによって受け入れられた。日本とインドネシアの軍隊協力関係は、良好な成長を見せており、長期間続いている。このことはもちろん、将来においてより進歩した協力関係である広い機会を開くだろう。この時期の日本軍のスタッフ長の訪問は、インドネシアと日本の間で、とりわけコパススと日本軍の相互尊重、相互信頼と相互利益に基づき協力関係を向上させるためにとても大切だ。

バリ島ニュース – 2013年02月

リッポ・チカランは日本中小企業ビジネスセンターを建設 「2013年2月28日」
中国系インドネシア市民は国を前進させる国家の一員「2013年2月27日」

インドネシアの経済成長は前途有望「2013年2月25日」

インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う「2013年2月22日」

インドネシア・日本が軍事協力の新時代を開始する 「2013年2月21日」

インドネシアは未だにハンセン病を根絶できない 「2013年2月20日」

日本の事業主はインドネシアで投資を希望している 「2013年2月18日」

インドネシアの森林保護整備 「2013年2月14日」

インドネシア観光局は16ヶ所の観光地を重点的に開発 「2013年2月11日」

インドネシア・バリ島でのAPEC会議に向けて「2013年2月07日」

アジア太平洋経済協力会議、北スマトラへの投資を望む日本企業 「2013年2月05日」

インドネシア国内でも有数の航空会、バタビア航空「2013年2月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.