インドネシア中堅航空会社

インドネシア中堅航空会社 バタビア航空が事実上経営破綻した
INDONESIA TODAY

2013年 1月31日、インドネシア 国内でも 有数の 航空会社の 1つである インドネシア中堅航空会社 バタビア航空から 衝撃的な ニュースが 飛び出した。
1月30日、インドネシア中堅航空会社 、バタビア航空が 事実上 経営破綻したのである。負債額は 468万ドル( 約 4億3000万円 )となる見込み。これは 中央ジャカルタ 商務裁判所が 同日、米航空機リース大手の インターナショナル・リース・ファイナンス・コーポレーション(ILFC)から 提出された バタビア航空に 対する 破産法の 適用申請を 受理し、破産宣告を 行ったもの、これを受けて、バタビア航空は 1月31日 午前 零時から すべての 運行業務を 停止する。バタビア航空( Batavia Air、PT. Metro Batavia)は インドネシア共和国の ジャカルタに 本社を 置く 航空会社で、エアバスや ボーイング社を 合わせて 40機 を保有し、ティモールの ディリ、中国の 広州、マレーシア の クチン、サウジアラビアの リヤドやジェッダ、シンガポールなどと国内の 42の 空港へ 就航をしていた。ハブ空港は ジャカルタの スカルノハッタ 国際空港 である。

バタビア航空 が 事実上 経営破綻した

バタビア航空, インドネシア航空輸送ILFCは、バタビア航空は 欧州航空 最大手、エアバス社の「A330」型機の リース料を 昨年 12月13日の 期限通り 支払いを 行わなかったため、破産法の適用を 申請した。バタビア航空では ワイドボディの航空機、エアバスの A330 を使って、インドネシアの イスラム教徒のために イスラム聖地の メッカ巡礼の便を 就航させる 計画 があったが 実現できなかった。

バタビア航空は2002年1月に設立され、ジャカルタからカリマンタンのポンティアナックに定期航路を開設した。それから約11年の間事故0ゼロの安全な航空会社として安全&信頼の国内企業として地位を築いてきた。2012年7月にはマレーシアの格安航空(LCC)最大手エアアジアから発行済み株式の40%に相当する出資を受けると共に、その現地法人、インドネシア・エアアジアの設立にあたって合弁相手となった地元複合記号が残りの全株式を取得すると報道されていた。バタビア航空会社エアアジアグループとしては初の既存航空会社に対するM&A案件で、全株式の取得が完了すればボーイング社の機材は退役、さらに将来インドネシア・エアアジアと統合されることも視野に入る可能性があったが、同年10月にエアアジアは「企業風土が違う」として買収の中止を発表した。買収提案の中で出されたエアアジアグループとバタビア航空の協力関係を確立することが当面の優先課題となっていた。

バタビア航空はこれから販売済の航空券の払い戻し、債権者への対応とう様々な処理をしていかなければならない。破産管財人からの通達を待っているオフィススタッフ、パイロット、客室乗務員総勢約3、400人へも善処をつくして欲しいものだ。
バタビア航空ではこの裁判所の破産宣告を受け入れるか、あるいは、不服として控訴するかどうかについては今後8日以内に決めるとしている。

バリ島ニュース – 2013年02月

リッポ・チカランは日本中小企業ビジネスセンターを建設 「2013年2月28日」
中国系インドネシア市民は国を前進させる国家の一員「2013年2月27日」

インドネシアの経済成長は前途有望「2013年2月25日」

インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う「2013年2月22日」

インドネシア・日本が軍事協力の新時代を開始する 「2013年2月21日」

インドネシアは未だにハンセン病を根絶できない 「2013年2月20日」

日本の事業主はインドネシアで投資を希望している 「2013年2月18日」

インドネシアの森林保護整備 「2013年2月14日」

インドネシア観光局は16ヶ所の観光地を重点的に開発 「2013年2月11日」

インドネシア・バリ島でのAPEC会議に向けて「2013年2月07日」

アジア太平洋経済協力会議、北スマトラへの投資を望む日本企業 「2013年2月05日」

インドネシア国内でも有数の航空会、バタビア航空「2013年2月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.