インドネシアワイルド オランウータン

インドネシアワイルド オランウータン
インドネシアのスマトラ島とカリマンタン島(ボルネオ島)における野生のオランウータン
INDONESIA TODAY

インドネシア語 と マレーシア語では、“オランウータン” という言葉は “森の人” と言う意味があり、霊長類は DNAの 98パーセントが 人間と 類似しているので、これは 驚くことではない。オランウータン は、アジアで 唯一の 大型類人猿の 種である。その他の 3つの 大型類人猿の 種は、アフリカで 生息する ゴリラ (Gorilla gorilla)、チンパンジー (Pan Troglodytes)、ボノボ(Pan paniscus )である。そして、カリマンタン島(ボルネオ島)で 見つけることの出来る オランウータン (Pongo pygmaeus)と カリマンタン島 と スマトラ島 の森林に 生息する スマトラオラウータン (Pongo abelii)の 2種類の オランウータンが いる。野生 オランウータンの 80パーセント つまり 50,000頭 から 60,000頭 は インドネシアで 生息し、残りは マレーシアで 生息していると 推定される。多くの 人は オランウータンを、賢い、愛らしい、遊び好き、ペットにしたい と言うが、それでも 多くの人は、野生の 生息地へ 戻さなければいけない と思っている。

インドネシアの林業大臣ズルキフリ・ハサンと、カリマンタンオランウータン保護企業(BOSF)のような非政府組織は象徴的な方法で取り計らい、4頭のオラウータンを、中央カリマンタン州のムルンジャヤ地区のバティンカップ丘の保護森林区の中へ解放すよう提示した。解放されることになる4頭のオラウータンは、BOS財団によって2012年に野生に戻される予定の40頭のオランウータンの一部だ。林業省は、オランウータンの生息地を含め、生態系が復元するために森林面積を維持し、分配することを約束している。オランウータンは保護され、自然界へ戻されるべきであり、この自然の回復を助けるためには、非政府組織と企業と政府の間の協力がとても重要となる。オランウータンと森林の保存を助けることは林業企業にとってはごく通常のことである。非政府組織だけではオランウータンを保護できない、そして非政府組織はオランウータンを保護するために政府と民間からの協力を必要としてる事は既に認識されている。

スマトラ島とボルネオ島のオランウータン

インドネシアワイルドオランウータン, オランウータン, インドネシア, ワイルドオランウータンオランウータンは国家と既存の法律に基づいて保護されており、もしオランウータンを殺すと5年間投獄される可能性がある。現在、熱帯雨林は農地開発のために伐採されているため、オラウータンの生息地域は縮小している。オラウータンは食べ物を探しに、努力して同庭園へ来てはしばしば屠殺されたり、子ども頃に親の腕から引き離されて違法ペット貿易に販売されている。東クタイ地区で負傷したオラウータンの最近の発見は、保護されている絶滅に瀕した哺乳類がまだ狩りの対象となっている証拠であり、2009年にムラワルマン大学とサマリンダによって注意深く実施した調査によると、クタイ国立公園でのオランウータンの個体数は約2、000頭となっている。非政府組織は今後の数年間で、612頭のすべてのオランウータンを中央カリマンタンの森林へ解放する予定だ。リハビリセンターの全てのオランウータンは解放され生息地へ戻るべきであり、オランウータン解放の予定は、どのようであっても彼らの生息地のために適切な森林区域を備えることにより、支持されるべきである。

インドネシアオランウータンカリマンタン島のオランウータンは、東カリマンタン島の東カリマンタン州クタイ国立公園(TNK)のプレヴェブ(Preveb)を訪れる国内外の観光客を魅了してきた。訪問者数、特に外国人観光客は、毎年大幅に増加している。その大多数はオランウータンを見ることに興味を持っている。ここには25頭の野生のオランウータンと、ウンピョウ、ゴールデンキャット、タランチュラや低熱帯雨林の多種多様な植物を含む、カリマンタン島の典型的な動植物がある。プレヴェブへは東カリマンタン島の首都サマリンダから東クタの首都サンガッタへ約4時間、四輪車を運転して到達することが出来る。訪問客はサンガッタからカボジャヤ村へ旅を続けて、約20分間ボートに乗りプレヴェブへ来る。ほとんどの外国人観光客は通常、野生のオランウータンの生息地であるプレヴェブ森林区域を3日間かけて散策する。しかし、オランウータンは人間を見かけると、よく隠れてしまうので、オランウータンに出会えないことも時々ある。クタイ国立公園からのデータは、2012年にプレヴェブを訪れた観光客750人は、外国人観光客540人と、国内観光客210人で構成されたことを示している。大多数の外国人観光客は、西欧諸国では夏季休暇の時期となる8月にプレヴェブを訪問し、ほとんどの国内観光客はクリスマスと新年の期間である12月に同地へ訪れている。

バリ島ニュース – 2013年04月

海上高速道路、地下トンネル、空港プロジェクト 2013年6月に完成 4月30日
バリで海草シンポジウム 50カ国が出席 4月29日
ジャカルタ観光 その2 4月27日
ジャカルタ観光 4月26日
アメリカとオーストラリア軍 バンドゥン製の弾薬を使用 4月25日
政府が3つのガソリン値上げ指針を準備 4月22日
インドネシアとデンマーク協力関係強化 4月19日
シティリンク ガルーダインドネシア傘下の格安航空 4月18日
日本からの投資簡易化 -日本はインドネシアにとって重要-4月17日
パリマラソンでインドネシア観光をアピール 4月16日
インドネシアの若い世代 外国語習得に意欲 4月15日
インドネシアはスペインの注目の的 4月11日
2014年のインドネシア経済成長目標は6,9% 4月10日
インドネシア中央銀行新総裁アグス・マルトワルドジョ 4月09日
米国フランチャイズ10店はインドネシアの新フランチャイズ規制に入る 4月08日
ハイレベル•パネル25から27バリ2013年3月 4月04日
バリ文化と観光は経済投資を促進する 4月03日
インドネシアのスマトラ島とカリマンタン島(ボルネオ島)における野生のオランウータン 4月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.