インドネシア・ルピアデノミネーション

インドネシア・ ルピアデノミネーション
INDONESIA TODAY

2012年 の11月、インドネシア共和国の アグス 財務相 は議会の アニス・マッタ 副議長に対し、自国通貨 ルピアデノミネーション ( 通貨単位の 切り下げ )を実施するための 法版の 審議を 2013年 から 開始するよう 要請した とジャカルタ・グローブ( 電子版 )が伝えた。 同国では 過去に 1000ルピア を 1 新ルピアに 切り下げる 3ケタの デノミネーション 構想があった。実際、インドネシア中央銀行は インフレを 抑制するため、1964年 以後 過去 5かい にわたって デノミネーションを 提案した 経緯がある。議員運営委員会の ムルヨノ委員長 によると、議会は 政府の ルピアデノミネーション 提案を 受諾しており、議会では 減算の 策定を 待っている 段階だ としている。2011年 の12月7日、インドネシア政府は インドネシア中央銀行が 提出した「 デノミネーション 提 案」を承認した。しかし、アグス財務相は、実際に デノミネーション政策が 実施されるのは、議会で 法案が 可決された 後 5年 から10年 の移行期間を 経た後になるだろう と述べている。

インドネシア・ ルピアデノミネーション

金種ルピア, インドネシアのお金インドネシア中央銀行が 発表した デノミネーション実施までの スケジュール によると、第1段階 は12年 に国民に対する 注意換気を行い、第2段階 は 13年 から15年 にかけて 新旧のルピアを 併用する 移行期間 とし、第3段階 は 16年 から 18年 にかけて徐々に 旧ルピアを 回収。最終段階は 19年 から 20年 にかけて新ルピアを 本格使用する 計画 となっている。

インドネシアがデノミに踏み出そうとしている背景には、ルピア安もあると言えるだろう。例えば、対米ドルでの為替レートは2013年1月30日現在1ドル=約9、800ルピアで、シンガポールドルやマレーシアリンギットと比べると格段に安いのである。このため、日用品は食料品などの買い物で多量の貨幣や紙幣が必要となっており、一方では貨幣不足が日常化しているために小売店などでは買い物のつり銭にキャンディーを代用するケースもよく見られる。購入者も貨幣替りのキャンディーを普通に受け取っているし、2桁単位のお釣りは切り捨てされる事もある。インドネシア中央銀行では、デノミの目的を「日常生活の利便性向上」とも説明している。たた、一部の報道では、ASEAN(東南アジア諸国連合)各国などとの経済連携を進める際に、通貨単位の格差が経済協定の妨げになることをインドネシア中央銀行が憂慮しているとも伝えている。

インドネシアのお金、ニュース、ルピアの名義インドネシア政府は前述の通り、デノミネーションの政策にあたっては、経済や物価への影響を十分に考慮し、5年から10年の長期を掛けて実施する方針を打ち出している。また、インドネシア中央銀行総裁も「デノミネーションの実施により物価への影響は中立的なものになる」と述べていて、経済や物価hねお影響は少ないとの見解を示している。

デノミネーション 政策 といえば、ハイパーインフレを 抑制するために 朝鮮民主主義人民共和国( 北朝鮮 )や アフリカ南部の ジンバブエ が実施してものの イメージ が強いが、1兆 ジンバブエドル が 1ジンバブエドルとなる様な 急激なもではないし、インドネシアの 消費者物価指数は 比較的 安定的に 推移をしているので、今回の デノミネーション計画は こうした ハイパーインフレ 抑制の ケースとは 全く 違った 目的であることは 明らかと 言えるでしょう。
デノミネーションの 実施数は 世界でも 少ないが、インドネシアは 無事 成功するだろうか。

バリ島ニュース 2013年01月

日本・インドネシア経済開発加速拡大化マスタープラン「2013年1月31日」
インドネシア・ルピアデノミネーション「2013年1月29日」

ジャカルタ首都に洪水「2013年1月29日」

インドネシアニュース「2013年1月28日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ