インドネシアは未だにハンセン病を根絶することが出来ない

インドネシアは未だに ハンセン病 を根絶することが出来ない
INDONESIA TODAY

インドネシアは 既に ハンセン病 抑制の 段階に 到達することに 成功したものの、国は 完全に その病気を 撲滅することができていない。2000年 に ハンセン病治療は インドネシアで 患者 一万人中 一人未満を 達成した。更に、毎年 報告される 新たな ハンセン病患者は 1万4千人 から 2万人 と、大きく 減少した。2011年 に、保健省は 新たな ハンセン病患者は 2万23人、10万人 につき 8,3% と報告した。インドネシアの ハンセン病は 1万人に 一人に 満たないため、深刻ではないと みなされた。しかし、この病気を 軽視してはいけない。インドネシ は タンゲランにある シタナラドクターハンセン病病院で 水曜日、第60回、世界 ハンセン病 デーを 注視している。保健大臣は、ハンセン病患者の エンパワーメント セミナー を開き、ハンセン病クリニック サービス を設けた。

インドネシアハンセン病ハンセン病はかつて昔からあり、ハンセン病患者はのけ者のように遠ざけられてきため、度々恐ろしい病気とみなされた。しかし、本当は潜伏期間は20年以上あるため、それほど伝染しない。もし完治していないハンセン病患者の鼻水や唾液に、幾度も近くで接触するなら、ハンセン病に感染する。ハンセン病の主な症状は皮膚のただれ、しこり、もしくは、数週間か数ヶ月経っても皮膚の怪我の色が治らないしこりだ。しかし、無治療の場合、この病気は一生涯続く神経の損傷や筋肉の麻痺をもたらす。将来、保健省はこの国でハンセン病対処のための予防措置を高める。また、保健大臣は早期発見が病気の回復や予防を早めるという期待を述べた。それは容易なため、健康診療所(プスクスマス)はハンセン病の早期発見をすべきだ。

大臣によると、現在のハンセン病は、健康で清潔な生活様式によって容易に予防と治療が可能である。ハンセン病はもう謎めいた病気ではない。これは清潔で健康な生き方により予防と治療のできる伝染病である。2012年2月の世界ハンセン病デーの記念式典の間、メンコ・ケスラ・アグン・ラクソノ氏は、インドネシアのハンセン病の症例の高さは、治癒可能なハンセン病に対する偏見や差別ゆえだ。その結果、ハンセン病を治療しながら生活するのは難しいと彼は述べた。インドネシアの5つの県で行われたアンケートによると国家委員会健康人権省は、職場と学校での拒否を含む偏見に直面し、健康診療所で拒否され、職を得るのは難しい。

インドネシアは 未だにハンセン病を根絶することが出来ない

ハンセン病の根絶、ハンセン病、インドネシアハンセン病しかし 現在、保健大臣 ナフシア・ムボイ氏 は ハンセン病患者に 対する 偏見や 差別社会を 禁止した。なぜなら その病気は その人の 仕事能力に 影響しない、と彼は 語った。ハンセン病患者や、完治した人を 区別したり 偏り見る 理由は ない。なぜなら その病気は、予防と 治療が 可能だからだ。その上、重症ハンセン病患者はリハビリでき、健常者のように働くことが出来る。2012年9月の世界保健機関(WHO)は、ブラジル、インドネシア、フィリピン、コンゴ民主共和国、インド、マダガスカル、モザンビーク、ネパール、タンザニア共和国の幾つかの地域がハンセン病の流行が高いと報告した。流行しているすべての国は、病気の根絶とハンセン病のコントロールを追求していく制約をしている。WHOは、ハンセン病の撲滅は最も流行している国々での国家または準国家キャンペーンによって大々的に向上したと説明した。既存のハンセン病統合サービスは簡単な病気の治療と予防をする一般健康サービスとなった。

2011年 から 2015年の 国家 ハンセン病プログラム である、グローバル ハンセン病治療戦略の 実施は 現在、手が 差し伸べられていない 地区と 地域に ハンセン病を 軽減するために 注意を 集中している。限定した コントロール戦略 ゆえに、国家 プログラムは 積極的に、症例を 把握し、接触者の 追跡、モニタリング、指針、記録管理を している。地方段階では、インドネシアの 33の州 のうち14の 州と、479の 県のうち 150の 県で、一年につき 1万件 以上の 新しい ハンセン病の 症例を保持している。ハンセン病は、よく 貧困や 再興障害者と 結び付けられ、インドネシアの 14の 州にある 社会への 健康に 対する危険要素 となっている。

バリ島ニュース – 2013年02月

リッポ・チカランは日本中小企業ビジネスセンターを建設 「2013年2月28日」
中国系インドネシア市民は国を前進させる国家の一員「2013年2月27日」

インドネシアの経済成長は前途有望「2013年2月25日」

インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う「2013年2月22日」

インドネシア・日本が軍事協力の新時代を開始する 「2013年2月21日」

インドネシアは未だにハンセン病を根絶できない 「2013年2月20日」

日本の事業主はインドネシアで投資を希望している 「2013年2月18日」

インドネシアの森林保護整備 「2013年2月14日」

インドネシア観光局は16ヶ所の観光地を重点的に開発 「2013年2月11日」

インドネシア・バリ島でのAPEC会議に向けて「2013年2月07日」

アジア太平洋経済協力会議、北スマトラへの投資を望む日本企業 「2013年2月05日」

インドネシア国内でも有数の航空会、バタビア航空「2013年2月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.