インドネシアへの観光客 が増加

インドネシアへの観光客 が増加
INDONESIA TODAY

2013年 3月に インドネシアへの観光客 数は、2012年の 同じ月と 比較した場合 10,13パーセント の 増加となった。3月には 観光客は 725,300名 に達し、2012年 3月 では観光客は 658,600名だった。 2013年 2月 と比較すると、2013年 3月の 観光客の 数は、6.91パーセント の 増加 となっている。2013年 3月 にングラライ空港を経由して バリ島へ 訪問する 観光客は、2012年 3月の 観光客 223,000名 と 比較すると 10.80パーセント 増加して、247,000名 となった。2013年 2月 については、ングラライ空港を 経由して バリを訪れる 観光客の 数も 4.24パーセント 上昇した。

バリ空港、群衆、観光客増加累積的には 2013年 1月 から 3月まで、観光客の 合計 は20,200名 にのぼり、前年の 同時期の 観光客 19,000名 と比べると 6パーセント 増した。
訪れる 観光客は、空港や 港の 入国口の どこにおいても 増加しており、インドネシア政府は、インドネシア観光の 円滑な運営に 必要な インフラや 施設の 一部の 速度を 改善することにより、観光業の 発展を 支持している。様々な地域で空港の改装が準備されており、ほぼすべての観光客の入国口は国際的規模の空港を用意する。準備が進められているジャカルタ(スカルノ・ハッタ空港)とインドネシアで最大の芸術的なターミナルビルを持つバリ(ングラライ空港)の入国口は、もう心配される必要はない。また、ロンボクへの空港の入国口は、国際規格で新空港を開設された。

2013年に空と海の乗客が増加

インドネシア観光客, バリ島の観光2013年3月に国内の航空便の乗客数は2013年2月と比べて13,73パーセントもしくは約460万名増加した。海外目的の乗客も16,29パーセントもしくは約110万名の増加となった。
2013年1月から3月までの期間で、2012年の同期と比べると、国内線の乗客数は3,57パーセント増加して1,330万名に達し、、国際線の乗客は6,68パーセントの増加して300万名に達した。マッカサルのハサヌディン空港で20,54パーセント、ジャカルタのスカルノハッタ空港で18,54パーセント、デンパサールのングラライ空港で12,53パーセント乗客数が向上している。その他でも、メダンのポロニア空港で3,93パーセント、スラバヤのジュアンダ空港で0,85パーセント向上した。国内線の最大の乗客数はスカルノハッタで、170万名もしくは国内線の乗客数の36,45パーセントに達し、スラバヤのジュアンダ空港は522,900名で11,34パーセントとなった。
2013年3月の国内の船便の乗客数は、同年2月に比べて3,36パーセント増加し579,100名を記録した。同時に、輸送貨物量は6,09パーセント増加して1,720万トンとなった。2013年1月から3月までの間に乗客数は、2012年の同期を比べて4,57パーセント増加して170万名に達したが、貨物の量は4,75パーセント減少して4,980万トンとなった。

バリ島ニュース – 2013年05月

グリーンピース「虹の戦士号」、インドネシアに再航行5月31日
インドネシア家具の輸出成長る5月29日

インドネシア経済は強さを維持する5月28日
セイル・コモドとその長期的利点5月27日

儀式と文化の中のバリダンス 5月24日

インドネシアの石油とガスは投資家にとって魅力的 5月21日

バリで2013ミス・ワールドのコンテスト 5月20日
バリ島観光旅行成功を陰で支えるバリの女性たち 5月17日
バリの知事選挙5月15日
BNIは山口フィナンシャルグループと提携を結ぶ 5月14日

ガルーダ・インドネシアは世界の航空会社ベストリストに入った 5月13日
インドネシアへの観光客が増加 5月09日
バリマラソンへの準備 5月08日
日本 災害教育協力をオファー 5月07日
保健省はH7N9ウイルスを防ぐために空港にサーマルスキャナを取り付ける 5月06日
ロンドン・コーヒー・フェスティバルとルアックコーヒー市場発展におけるインドネシア 5月04日
 シティ・リンク2013年に乗客780万 5月02日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.