インドネシア は飢餓克服に成功する

インドネシア は飢餓克服に成功する
INDONESIA TODAY

国連食糧農業機関(FAO)は、2010年 から 2012年 の間、ミレニアム開発目標(MDGs)の当初の目標9,9%を上回る、世界の飢餓レベル 19,9%(1990年 から 1992年)から、8,6% 下げることで MDGsの 最初のラウンドを 終了した。 MDGs#1の 目的は、1990年 から 2015年の 間に 総人口の 半数まで 飢餓人口を下げることによって、飢餓を 根絶することである。インドネシア は、最近、1990年の 3,700万人 だった 飢餓人口を、2012年に 2100万人に 下げることに 成功した。インドネシア は、ようやく 世界 食糧サミット(WFS)で当初設定された 目標の1 ,860万人の 目標 43,8% を達成したことを 意味する。

6月16日 日曜日、38の 他の 国々と共に、インドネシア共和国代表 ハッタ・ラジャサ 経済調整大臣は、FAO本部の イタリア、ローマで、FAOの 事務局長 ホセ・グラツィアーノ・ダ・シルバによって FAOの 賞を 受賞した。この サミットには、11名の 大統領、首相、および 数百の 大臣から成る FAOの メンバー 200名が 出席した。インドネシアに 与えられた 賞「飢餓と 食糧不足の克服に成功」は、1996年に 貧困撲滅に 関する MDG’s 達成国、WFSの 国々 18カ国へ 与えられた「優れた成果」と20カ国へ 与えられた「顕著な 成果」の二つの 分野の 業績ゆえある。インドネシアは、両分野で 授与されている。

ハッタ・ラジャサは、政府が地域社会の繁栄を改善することにより、ミレニアム開発目標(MDGs)がグローバルの一部になり、貧困、飢餓、食糧不足、そ して 栄養不足を 根絶するために、平和と収益性の高い環境を促進し、増加するその誓約を証明し、継続すると発表した。したがって、政府 は農村と 農業の 発展を 優先し、とりわけ農村社会政策で、小規模および中規模ビジネスのために 公的融資枠を拡大し、強化する。政府は、社会サービスを 通して、貧困社会へ より良いアクセスを 提供し、天然資源を 活用し、貧しい 家族の 社会的保護システムを 改善するよう 努めている。

MMAF 代表団

田んぼ, インドネシア主食国連会議の 食糧農業機関の 第38回セッションで、海洋水産部人材開発庁 ( HRDAMAF )の 代表 スセノ・スコヨノを含む、MMAFの 代表団は、HRDAMAFの 代表プログラムと 協力事務局長 リリー・アプリア・プレギアワティ、および 多国間、国際、および 省庁間協力アナセンター( MIICAC )代表 エルフィ・ウィジャヤンティである。「MMAF の 代表団は 16人の インドネシア 代表団( INDEL )の一部だ。MMAF のほかに、インドネシアは また、農業省、在ローマ インドネシア共和国大使館、そして 外務省によって 表される 」とHRDAMAF 代表 スセノ・スコヨノは 説明した。

インドネシア, ニュース, インドネシアの飢餓スセノは、サミット出席以外にMMAFの代表団は、南部海洋水産人材育成能力の向上コラボレーションディスカッション会議の様なイベント、訓練プログラムである コーラルトライアングルイニシアティブ(CTI)、FAO図書館のための書籍寄贈、そして 2012年 7月9-13日 に開催された 第30回 水産実行委員会(COFI)セッションレポートに 参加する と述べた。セッションでは、インドネシア は 第30回の COFIの新規議題として 「オーシャン·ガバナンス」の実現への 支援を 再確認した。この支援はまた、持続可能な 小規模漁業(IGSSF)を守るための 国際ガイドラインに 関する 更なる議論を 補うためのものだ。「さらに インドネシアは、会議の議題に 青い 経済概念を 含めることを 提案した。提案は、COFIの オーシャン·ガバナンスの 議題を 完了するため、ブラジルカンファレンスリオ + 20の間、重大な 関心事となった」とスセノは述べた。

スセノは、第30回 COFIは、特に 漁業問題、すなわち 世界の 魚、問題と ニーズ、責任ある 漁業倫理実行コードの 開発、及び2012年 2月20-24日、インドで、第30回 COFI魚取引に関する 小委員会の 決定 及び 推薦を 取り上げた。この会議は また、第29回 COFIセッション、FAO 漁業作業プログラム、第32回 COFI セッション のための 会長と 副会長の 選挙以来、FAOの 主な 漁業活動を 強調した。「 長期間 関係している MMAFと FAOの コラボレーションは、技術的に 実践された プロジェクトに 限定するのではなく、活動評価、短期コー スを 覆い、2007年 から 2011年 の間に行われた 様々な 情報を 発展させる。今年、このコラボレーションは 全ての MMAF 初の エシュロンユニット を 巻き込んで 拡大する」とスセノは 結論した。

さらに 詳しい情報を お求めの方は、データ統計 と 情報センター 代表 アナン・ノエグロホ、海洋水産省( 電話 0811806244 )まで ご連絡ください。

バリ島ニュース – 2013年06月

FAO賞はインドネシアの宿題終了でない 6月28日
ハウスプレナリーは改訂予算法案を制定し法律にする 6月27日
インドネシアは飢餓克服に成功する 6月25日
インドネシアは潜水艦製造のインフラを構築する 6月21日
アメリカ大使 アメリカとインドネシアの軍事演習オープニングに参加 6月20日
インドネシアは森林と海洋保護の指導を期待される 6月19日
エアアジア・カーゴ エミレーツ航空、エティハド航空、バージン・アトランティック航空に勝利 6月18日
インドネシア ASEAN市場にて9部門の産業を優先する方針 6月17日
バリは40万人の中国人観光客を目標にする 6月12日
インドネシア ASEAN産業の土台となる可能性 6月04日
オーストラリア APEC2013でインドネシアを支持 6月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.