インドネシアの観光経済産業大臣

インドネシアの観光経済産業大臣 は、
イギリス、デンマーク、アイルランドで商業について討議する
INDONESIA TODAY

インドネシアの観光経済産業大臣 マリ・エカ・パンゲツ(Mari Elka Pangestu) は、世界貿易機関(WTO)の 多角的貿易体制の 将来を 討議するために、イギリス と アイルランド を 訪問した。イギリスの ロンドンで マリ大臣は、英国の 将来を 議論するために 英国と アイルランドへ 訪問、英国貿易投資国家大臣, ロード・グリーン(Lord Green)と、国際開発国家大臣 アラン・ダンカン(Alan Duncan)、社会文化、英国 インドネシア大使館の 秘書担当大臣 ヘニ・ハミダー( Heni  Hamidah)に会った。マリ・パンゲツも 2013年 の 最初の 6ヶ月間、EU議長国である アイルランドを 訪問する。彼女は また 労働 イノベーション 大臣 リチャード・ブルートン(Richard Bruton)、観光・スポーツ国家 大臣 マイケル・リング(Michael Ring)に会う。ロンドンに 滞在中、マリ・パンゲツは ロンドン·スクール·オブ·エコノミクス (LSE)の 大学を 訪ね、WTO に 対する インドネシアの 見方につい て公開講演を 行う。

その後、彼女は、貿易と投資、インドネシアのためのAPPG会派(APPG)に会った。マリ・パンゲツはインドネシアとイギリスとアイルランドの三国間関係、地域開発、局長パスカル·ラミー(Pascal Lamy)の2013年8月31日の任期満了に関わるWTOの多角的貿易体制の現状と今後の開発について討議した。パンゲツ大臣はWTOの事務局長候補になる4人の人物の一人である。もし彼女が選出された場合、マリ・パンゲツは、WTOの設立以来トップの座に着く最初の女性になります。最近の数週間で、彼女はジュネーブでのWTO会議とWTO加盟国代表者招待の一般理事会で構想と使命を伝えた。またマリは、世界貿易システムのすべての国を統合する契約を共有するために、ワシントンDC、北京、ブリュッセル、パリ、ベルリン、ワルシャワ、ブダペ スト、モスクワ、ドバイ、アビジャン、アブジャ、カイロ、ストックホルム、ラバト、コペンハーゲンの訪問を予定している。

インドネシアの観光経済産業大臣は

インドネシアの観光経済産業大臣その他に、マリ・エカ・パンゲツはWTO事務局長の候補者の一人としてWTOの元にある多角的貿易体制システムを討議するために2013年3月18日にデンマークのコペンハーゲンを訪問した。観光クリエイティブ経済産業大臣としての職務を果たすマリ・エカ・パンゲツはデンマークのコペンハーゲンを訪問した際、デンマークの貿易投資大臣ピア・オルセン・ディハル(Pia Olsen Dyhr)と会った。「私たちは、インドネシアとデンマークの二国間関係の発展、地域レベルでの開発、2013年8月31日に任期期限が終了する世界貿易機関(WTO)事務局長の下での将来の多角的貿易システムを論議する。」両国当局者との会談ではまた、システムが正常に動作して、多角的貿易システムの信頼性を維持するために貿易の重要性について説明する。彼らは、”早期収穫”を達成したことで始まる進展を含め、多角的貿易の交渉過程の中で到達した進展が現実的な状態を保つ事ができるように討議する。WTOミーティング, マリ・エルカ・パンゲスト

このことに関連して、発展途上国のために、商業設備、農業分野要素の開発と構成要素から成る成功の機構を生むために、バリ島で開催される第9回WTO閣僚会議(9th WTO Ministerial Conference/MC9)の会合フォーラムは重要な価値がある。「私たちは、多角的貿易システムに対して信頼と勢いを維持し、成果を得るのための重要性を明示することで合意した。」マリ・パンゲツは、「第一に、責任と収容能力を持つ商業設備(貿易円滑化)機構、第二に、“早期収穫”の要素との間でバランスがとれており、第三に、交渉プロセス全体を完了するために、バリ島でのMC9以後に直面する段階と“早期収穫”の間で平衡を保つ」と言う、バランスのとれた結果に達する3つの事柄を含むMC9の重要性を強調した。商業設備(貿易円滑化)機構にある効果的な支援と収容能力に関して、マリ・パンゲツは、基礎構築を支持するため、官民パートナーシップの役割と参加を考えている。

バリ島ニュース – 2013年03月

国際海藻シンポジウム-バリ島のヌサドゥアで大きな会合 3月29日
電気料金の値上げと、4,310億ルピアで国電は海底ケーブルプロジェクトを構築する 3月27日
インドネシアの観光経済産業大臣は、イギリス、デンマーク、アイルランドで商業について討議する 3月26日
27カ国はミレニアム開発目標の修正をバリで討議する 3月25日
インドネシアは世界最大のココアとコーヒー生産プロデューサー 3月22日
インドネシアはASEAN-OSRAP のホストに選ばれる 3月21日
クリスティアヌ・ロナウドはインドネシアでマングローブ大使になる 3月19日
インドネシアと東ティモールは保健医療協力を延長する3月18日」
インドネシアとイラクの二国間協力の進展 3月16日」
ベルリン国際観光展でセールスマンと仲介者しての大統領 3月14日」
マレーシアの国境紛争 3月08日」
インドネシアとドイツの二国間協議 「2013年3月07日」
インドネシアは観光業の発展とベルリン国際観光展の主催者になることを望む 「2013年3月04日」
インドネシアのルワックコーヒー 「2013年3月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.