インドネシアの石油とガス は投資家にとって魅力的

インドネシアの石油とガス は投資家にとって魅力的
INDONESIA TODAY

インドネシアの石油とガス について インドネシア大統領 スシロ・バンバン・ユドヨノ は、 投資先として 魅力があると 実業家を 確信させ、インドネシアは、資本と 技術が 煮詰まり 危険に 満ちた 石油 と ガス の 上流部門で 投資する国内外の 投資家にとって、魅力的な国である と述べた。また、先週の 2013年 5月 15日 から 17日に、ジャカルタ コンベンションセンター で 第37回 インドネシア石油協会(IPA)の 会議と 展示会を 開催した時、声明を 発表した。IPA会議と 今年の 展示会の テーマは、石油、ガスの 分野で 投資を 勧める インドネシア政府の 意図に 直接関連しており、石油、ガス分野と 国の 経済の 核心であっため、その貢献は 持続的に 向上されるべきである。

インドネシアの石油とガス

ペルタミナインドネシア、インドネシアガス、インドネシアオイルヨーロッパは 過去 最大の エネルギー 消費国 であったが、現在は アセアン諸国の 経済成長の 発展を 続けている アジア地域に 移行している。インドネシア政府も 国家の 石油生産向上に 関する 大統領命令( インプレス )NO.2/2012を通じて 石油を ガスの分野の 投資環境として 向上を 続ける。関連機関は 石油と ガスの 生産促進を 求められている。

ユドヨノ大統領 はまた、投資を 奨励するため、業務許可工程の 先端を 切るように、経済部門調整大臣 ハッタ・ラジャサと 投資調整委員長 チャティブ・バスリ が率いる チーム を組織した。さらなる ステップ として、インドネシア政府は 長期的に、加速 マスタープラン と インドネシア経済開発(MP3EI)拡大の 実施を 通じて、石油、ガス産業の 開発速度を 早める 青写真を 持っている。

ガス、インドネシア, 天然ガスインドネシア・エネルギー鉱物源省に基づき、インドネシア政府は、この分野で投資を誘致するために、石油とガス生産の配分を減らすことでインセンティブを与えることを検討している。どこでも規定の変更を必要としないように活用する方が簡単である。財政インセンティブに加え、政府はまた、法的確定を与え、その分野で投資を誘致する許可手続きを簡素化する。2000年以降、政府は既に、深海を含め鉱物を探す活動が難しい地域の生産者にとって、より良いインセンティブを与えている。

生産の配分は既に、石油は65:35とガスは60:40まで与えられており、暫定的に一般的な比率で各々85:15と70:30、制限は、収益としてどこでも新しい通常の分野内で、最初に85:15もしくは鉱物探しの難しい分野で行なうことができる。
スシロ・バンバン・ユドヨノ大統領はインセンティブ収益が、一番簡単な場所で石油とガス探査活動のため、より多くのインセンティブを与えよう考慮することを求めている。
現在インドネシアは、最大の生産インセンティブを与える5番目の国であり、大きな収益のインセンティブを与えている他の4カ国は中東の人々の様に大きな埋蔵量の所有者である。それで、小さな埋蔵量を持つインドネシアは、投資家が投資をいとわないであろう小さなインセンティブを与える。大統領はまた、生産シェアの減少は短期的に収益を減らすが、将来的なメリットはより大きいことを認めた。

バリ島ニュース – 2013年05月

グリーンピース「虹の戦士号」、インドネシアに再航行5月31日
インドネシア家具の輸出成長る5月29日

インドネシア経済は強さを維持する5月28日
セイル・コモドとその長期的利点5月27日

儀式と文化の中のバリダンス 5月24日

インドネシアの石油とガスは投資家にとって魅力的 5月21日

バリで2013ミス・ワールドのコンテスト 5月20日
バリ島観光旅行成功を陰で支えるバリの女性たち 5月17日
バリの知事選挙5月15日
BNIは山口フィナンシャルグループと提携を結ぶ 5月14日

ガルーダ・インドネシアは世界の航空会社ベストリストに入った 5月13日
インドネシアへの観光客が増加 5月09日
バリマラソンへの準備 5月08日
日本 災害教育協力をオファー 5月07日
保健省はH7N9ウイルスを防ぐために空港にサーマルスキャナを取り付ける 5月06日
ロンドン・コーヒー・フェスティバルとルアックコーヒー市場発展におけるインドネシア 5月04日
 シティ・リンク2013年に乗客780万 5月02日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.