インドネシアの日本料理

インドネシアの日本料理店 と安全なメニューに焦点
INDONESIA TODAY

インドネシアで日本料理店 の数は1993年と比べて 56パーセント増加。例えば寿司、刺身、天ぷらは長年に わたって有名で、今や日本は市場を 拡大する準備が整っているのだ。日本企業は、インドネシアの人々の間で 日本の食品や高品質な 食品に関心が集まって いるために、インドネシア市場で 本場の食品を促進することに 積極的になっている。

日本料理機構は、日本食がますます 人気となる見込みの 地域を選択して、日本料理店の現在の 状態に関する調査を 実施し、日本食材をどのように 仕入れているのか、衛生状態のレベルや 日本食レストランの拡大化に 関するその他のことについて把握。
シンガポール、香港、台湾、中国、タイなど他の 国々と比べてインドネシアは 将来性のある地域の一つに 選ばれた。ASEAN地域でインドネシアはタイに 続いて日本食の二番目に大きい 市場である。食品業者が 自社製品を販売する にあたっての課題は、インドネシア人の 日本食に対する見方を 理解することだ。懸念される点の 一つに、「ハラル」、つまりアルコールや豚肉など イスラム教徒が食べることが できないものが含まれていないことを 証明する 証明書だ。インドネシア・ウラマ評議会(MUI) のハラル認証認可 機関によれば、消費者の 安全性、保健衛生の保証として 製品にハラルのラベルを 貼るのだという。

ハラール認証

ハラール, 日本料理屋ハラル認定を マレーシアですでに取得している 日本のドレッシング製造業者 キューピーマヨネーズも、インドネシアの ハラル認定取得を 非常に重要であるとして 注目している。キューピーはASEAN諸国で最初に 工場を建設し、来年インドネシアでの 工場建設を目指している。インドネシアの文化に合った パッケージやハラル認証を 含むすべてのマーケティングツールの 準備をすでに開始している。インドネシアで 販売されているキューピーマヨネーズは マレーシアの製品であり、マレーシアのハラル 証明書を持っていたとしても MUIのハラル証明書を 持っていないため、一部の小売業者はキューピーマヨネーズの 製品を拒否している。

インドネシアの日本料理, ハラール認証2013年12月、ローカルに「washoku」と呼ばれる 日本食がユネスコの世界無形文化遺産に 認定された。これは日本が 世界に日本食文化を 促進する機会となる、と農林水産環境省 (MAFF)のスポークスマンは 述べる。インドネシアだけでなく、すべての ASEAN加盟国で 協力し新たなスキームを 通じて食品の販売を 導入する。
農林水産省では、製造業や 流通などの分野での 技術移転を目指して、民間の 官民パートナーシップ方式 「ASEAN大学とのパートナーシップを 通じて食品関連分野での 人材育成」というプロジェクトを 提案している。この新しい 協力方式は、産業が農業や 食品関連技術の スキルを磨くとともに、教育と研究者の 大学の専門を組み合わせることを 目的とした。

インドネシアの場合、国内供給が不足しているため高品質で健康的な食品の需要が、高い輸入量の原因となった、また原因圃場や食品関連分野での研究と技術の欠如に加えて低品質製品という悪い連鎖となっている。そのため顧客は国内商品と比べて、輸入品に流れていくという形になる。

食料安全保障のためのベストプラクティスの国の一つとして、日本国内の生産は38%から40パーセントに、そして輸入によって残りの部分を満たしている。そして日本食は世界的な自由市場の一部としてインドネシアに入っており高品質の食品を期待している中流階級のプラス成長という事実をインドネシア政府は受け止め、国内の食料安全保障を確立する上で、より真剣な行動を取る必要があります。

バリ島ニュース – 2014年02月

バリナショナルゴルフリゾート(2013年の改装後バリ最高のゴルフコース) 02月17日
バリ・ビヨンドトラベルフェアは観光プロモーションに確定 02月14日
バリは選挙を迎える準備をする 02月13日
トランスバス・サルバギタはバスを待っている 02月11日
ベノア港はクルーズ船のハブ港になる 02月10日
リージェントバリ サヌールのラグジュアリーリゾートホテル02月07日
インドネシアの日本料理 味と安全なメニューに焦点02月06日
バリは貧しい住民のためにインターナショナルスクールを拡大 02月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.