インドネシアとイラク の二国間協力の進展

インドネシアとイラク の二国間協力の進展
INDONESIA TODAY

米国との 戦後、数年前に、初めて インドネシアとイラク は  経済分野の 協力をした。この事は 二国間 にとって 歴史的であり、各国に 恩恵を もたらすと 期待されている。初めて 行われた 協力は エネルギー 分野だ。つまり プルタミナ(Pertamina、ガソリンスタンド)と 地方政府の 国営石油会社の 間である。この協力は 必ず インフラ、工学、農業のような他の部門まで継続される必要がある。それゆえ、この訪問期間中、PT Wijaya Karya Tbk(国内建設企業の名称)とPT INTIのような、幾つかのインドネシア政府国営企業庁(BUMN)関係も参加する。政府間取引(G to G)は既に行われ、現在は企業間取引(B to B)で努力が払われている。政府は拡大可能な国営企業をイラクへ支援することを認めた。戦後、この国の経済特性はとても大きいが、イラクから撤退した大勢の外国人投資家がいる。

インドネシア間の協力イラク

二国間協定、インドネシアイラクまた、エネルギー分野の協力の他に、エネルギー大臣ジェロ・ワチック(Jero Wacik)と資源大臣(ESDM) デプティ(Deputi)とイラクの 副 エネルギー大臣 フセイン・アルシャーリスタニ( Hussain Al-Shahristani )はジャカルタで、インドネシアと イラクエネルギー 二国間協議の 中で、エネルギー分野と 鉱物資源 MoU の 調印を 明らかにした。この調印条約書 (MoU) は インドネシアとイラク 間の 経済協力を 印し付ける。この MoUの 調印は 経済分野で 実際的な 協力をするための 両国の 真の 証拠となる。この工程の 節目のために、インドネシアの 投資家に 対して 支援を 提供する事により、この協力でも イラク政府は 具体的な 行為に 参加するように 期待する。さらに、インドネシアとイラク の関係は 既に長く 継続しており、特に 天然ガスと 石油資源に 関連している と述べた。両国は 幾つかの 類似点 があるが、特に 文化交流と石油資源と 天然ガスだ。

インドネシアイラク、二国間協定その 協力関係に 関連して インドネシアは 楽観的で、戦争により 損なわれていた イラクの 経済回復に 積極的に 関与したい。そのために、イラク 経済回復における インフラ建設に 関連して インドネシア 政府は、民間と インドネシア 政府国営企業庁(BUMN)側との 関与 を推し進めている。イラク はインフラと 経済回復のための 大規模な 復旧を行う。それに関連してインドネシアは特に、イラクにおける重大かつ重要な再建プログラムの中で、イラクを 戦略上の 主要国と見ている。そのために、インドネシアはイラク復興再建の中でイラクと 協力準備をする。その会合で インドネシア側は エネルギーと 鉱物資源を 管理するための 戦略や 政策を 説明した。

バリ島ニュース – 2013年03月

国際海藻シンポジウム-バリ島のヌサドゥアで大きな会合 3月29日
電気料金の値上げと、4,310億ルピアで国電は海底ケーブルプロジェクトを構築する 3月27日
インドネシアの観光経済産業大臣は、イギリス、デンマーク、アイルランドで商業について討議する 3月26日
27カ国はミレニアム開発目標の修正をバリで討議する 3月25日
インドネシアは世界最大のココアとコーヒー生産プロデューサー 3月22日
インドネシアはASEAN-OSRAP のホストに選ばれる 3月21日
クリスティアヌ・ロナウドはインドネシアでマングローブ大使になる 3月19日
インドネシアと東ティモールは保健医療協力を延長する3月18日」
インドネシアとイラクの二国間協力の進展 3月16日」
ベルリン国際観光展でセールスマンと仲介者しての大統領 3月14日」
マレーシアの国境紛争 3月08日」
インドネシアとドイツの二国間協議 「2013年3月07日」
インドネシアは観光業の発展とベルリン国際観光展の主催者になることを望む 「2013年3月04日」
インドネシアのルワックコーヒー 「2013年3月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.