バリは帰省者へサービス、イドゥルフィットリー準備

バリ島旅行者へサービス、イドゥルフィットリー準備
INDONESIA TODAY

バリ島旅行者へサービス 故郷バリ を後にする インドネシア旅行者 とイドゥルフィットリーの 休暇とレバランを過ごすために バリ島を訪れる観光客へサービス 提供するために 準備を進めている。バリ州政治経済 アシスタントのケトゥット・ウィジャは、輸送 機関、陸送事業組織(Organda)、空港 当局、フェリー会社などの 関連機関と、必要とされる全ての 準備を整えるために 会合を行なっている。イスラム教徒に とってイドゥルフィットリーを 家族と故郷で過ごすために 帰郷するのはインドネシアの 伝統である。多くのインドネシア人は 家から離れて働いているため、これは 年に一度、彼らが 愛する家族と集まる事の できる唯一の機会だ。 今年の イドゥルフィットリーは、8月8日と9日である。したがって、この島は 8月の好シーズンの同時期に、バリを 離れる旅行客がピークに 達すると共に、多くの観光客を 迎えることになる。
訪れる 観光客は外国人 だけではなく、イドゥルフィットリーを 祝わない国内の大都市からの 旅行客も家族と 集まる機会として 休暇を利用し訪れる。レバラン休暇中、バリ島へ 入ってくる観光客にサービスを 提供するため、バリは非常に 忙しくなる。それゆえ交通網を 整備しなければならない。

イドゥルフィットリ観光

イドゥルフィットリー準備, ベドゥグル当局はすでに 交通機関を整え 始めている。例年のように、イドゥルフィットリーの 時期、デンパサールへのギリマヌックルート 沿いの交通渋滞を 減らすために、乗客と 主要食糧を運ぶ 車両のみバリへ入る事が 許可されている。今年は 公共バスを利用して バリ島へ向かう観光客の数が、例年と 比べ10パーセント増加すると 予測されている。多くの 旅行者は自家用車を 利用して故郷に戻るが、バリは 毎年移住者数が増加 しているため、公共バスを 利用する乗客は依然として 増加する。また今 日、多くの人は 航空運賃の高さゆえに 陸路を選択している。

バリorgandaは、州内で 180のバスと島内のルートサービスのために 68のバスを準備し、全てのバス 事業者は乗客数増加を 見越して追加のバスを 手配していると語った。
クタビーチ, イドゥルフィットリ, 観光ングラライ空港 管理会社であるアンカサプラは、今年の レバラン休暇のために サービスを向上する。ガルーダインドネシアのみジャカルタへの 往復を増便すると伝えて いるが、他の航空会社も同じことを行う。
ガルーダインドネシア株式会社運用 ディレクターは、学校の 休日が始まった 最近の数週間、満席で忙しい日々を 経験してきたと語った。彼はこの 状況がレバラン後まで 続くと予想している。需要が あれば、ガルーダインドネシアは 通常より大きな 飛行機を運行し、飛行頻度を 上げる。バリは最も混雑したルートの一つであるため、ガルーダはこのことにより注意を払うだろう。今年ガルーダはボーイング737―800、エアバス330、ボーイング777を含む、様々な 種類の24の飛行機を 操縦する。
イドゥルフィットリーはまだ2週間 以上先だが、多くの人は1、2ヶ月前から 帰郷するためのチケットを 購入し始めている。いくつかのバス 事業者は特別料金を適用している。

幾人かの顧客は 料金値上げ前の5、6月からチケットを 予約していた。現在用意されているチケットは最も 料金の高いビジネスクラスのみである。故郷を 後にするバスのチケットを 予約した顧客の数は、断食月の開始前に 増加し始め、そのうちの多くは イドゥルフィットリー前の1週間旅行へ行く。

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.