アートセンターバリ展示会はバリと日本の文化関係強化が目的

アートセンターバリ展示会はバリと日本の文化関係強化が目的
INDONESIA TODAY

デンパサールバリアートセンター で開催中の展示会は、今後、芸術分野で 日本とバリの文化結合と 協力関係向上を 目指している。タマンブダヤアートセンターは 芸術、特にバリの芸術発展を ステージングすることを 目的として建設された 建物である。このアートセンターは バリ・ングラライ空港から15kmほどの デンパサール市中心部に 位置している。

タマンブダヤとも 呼ばれるアートセンターは、建築形式最高の 大規模な建物の 複合体で、バリの伝統建築を レイアウトし、円形競技場と パフォーマンススペース、そして文化の 動的な性質に調和した 永遠の命の聖水”アムリタ”を注ぐミルク海の 再生の物語グヌン・マンダラ・ギリを 象徴した補遺建造物である。アートセンターまたは タマンブダヤバリは最初の 知事イダ・バグス・マントラによって 設立された。芸術地域を 建設することにより、文化の維持や 保存、発展を支えるために バリのアーティストたちの 創造力を刺激する ことができる。またダイナミクスも、バリを訪れる 観光客によってもたらされた グローバルな影響力の中で アイデンティティを保ち、発展に 追随することができる。

今月の10月25日~28日まで、日本から 来たベテランアーティスト37人による 250作品が ”The Power of Art”展示会で 展示される。彼らは油性、アクリル性、水性の 絵画、竹や紙で 作られた手工芸品、ビンの中の フラワーアレンジメント、写真やシルクに 書かれた詩などの 様々な芸術作品を 発表した。多くの作品は、日本の 風景や日本の神社や お寺へ行く儀式を 含む自然や文化的な 側面を多く 表現している。

アートセンターバリ展示会

アートセンターバリ, アートセンター、デンパサール、観光地松尾よしなり氏の 作品上で感動的な 言葉をもって、有色ガラスの破片から 造られた凝ったインストレーションもある。ゲマコダマ:ECHOと 題するこの部分は 言葉を表す。児玉氏は 世界の全ての若者や 子供たちが純粋な 目を持ち、多くのことに対し明白で、社交的な ディスカッションを通して 意見と正しい分別を持ち、制限のない 世界で平和な未来を 創るために相互理解し合えるように 願っている。

サンガールバリとサンガールジュプンの 小学生の20の絵画作品も、この4日間の 展示会で披露された。これらの子どもたちは、文化的な側面を 含むバリ市民の日常と言うテーマで絵を描いた。この作品は来年、アートプラスと 呼ばれる日本の年刊雑誌に掲載され、日本の全ての 小学校に配布されるだろう。この展示会は初めて 開催され、日本とバリ芸術、特に絵画の文化交流の促進を 目標としている。日本の外務省によって 後援され、ASEANと日本の関係40周年を祝うための一連のイベントの一つでもある。

アートセンターバリ展示会, アートセンター、バリアートセンター、展示会小林よしたかCEO Japanation 最高経営責任者は、私たちはこの展示会が日本と バリの文化関係をより深め、参加した子供たちが明るい未来に 貢献するように願うと語った。私たちは他の国で同じ任務を続けていく。この展示会は正式にクトゥット・マンタラ・ガンジーアートセンター長と、ラジャクシマンロイヤルハウスのアナック・アグン・ングラ・グデ・クスマワルダナにより開会され、二人はこの展示会は特にバリと日本のアーティスト間の若い世代にとってより大きなコラボレーション方法になると期待している。

数年前、アートセンターの地元アーティストは、日本で日本政府が定期的に主催するプログラムに、ダンスや伝統的な音楽を演奏するために文化大使として招待された。私たちはこのプログラムが継続しバリ文化が日本でより有名になることを願う。 日本人アーティストの一人である今村ももよ氏は、開会式の際に観客の前で書道の才能を披露した。ステージの上で彼女はバリと日本文化の結合の表現として”絆”を意味するシンボルを含む日本の書道に興味を惹いた。

バリ島ニュース – 2013年10月

アートセンターバリ展示会はバリと日本の文化関係強化が目的 10月30日
保全地域に含まれるサーフポイント 10月29日
バリ島ホテルと観光情報10月28日
ウミガメ保護教育センター(TCEC) バリのウミガメを保護10月25日
バリ伝統アートと文化10月22日
バリヒンドゥー教 ガルンガンの儀式を祝う10月21日
バリ世界の会合の場10月18日
バリ観光の影響 10月17日
インターコンチネンタルがファミリーリゾートとしてトップ10入り 10月14日
ユネスコはバリのスバック保存を要請 10月11日
バリAPEC首脳会議で七つの合意に成功 10月10日
APEC開催中のためバリの観光客はギリ島へ移動 10月08日
オバマ大統領バリ訪問をキャンセル10月07日
リゾート地としてのロビナビーチ 10月04日
バリ新空港はAPEC代表者を歓迎 10月03日
ミス・ワールド2013はフィリピンのミーガン・ヤングさん 10月01日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.