アメリカ大使 アメリカとインドネシアの軍事演習オープニングに参加

アメリカ大使 アメリカとインドネシアの軍事演習オープニングに参加
INDONESIA TODAY

アメリカ大使 はプルノモ・ユスギヤント ロ国防大臣は、 まもなくインドネシアは、 潜水艦製造のため インフラ構築を すると語った。

インフラはスラバヤの 国営造船会社 PT PALによって 構築されると、プルノモは火曜日、 ジャカルタの 防衛産業政策委員会の セッション後に 述べた。

彼は、国はインフラを2~3年内で整備するのが望ましいと語った。

アメリカ大使, 軍事演習プルノモを 委員長とする委員会の セッションでも、この国で ジェット戦闘機 を生産する計画が検討される。
プルノモは、 戦闘機と潜水艦の インフラを構築するために 取られる全ての 工程前に、法的な 傘が必要だろうと 語った。
「そのプロジェクトに 法的根拠を 与えるために、衆議院の サポートは 必要だ」と彼は述べた。
インドネシアは、 世界で最も 大きな島国として、数千の 島を保護するために 強力な 海軍と空軍を 必要としている。
インドネシアは、 既に韓国と、 潜水艦生産のための インフラ構築に おいて 協力することに 同意した。この 協力関係には、ライセンス、製造技術、試作品の 生産が 含まれる。
この 協力関係は、設計技術で 既に 実証されており、続く 2年間で、製造技術、試作品に 及ぶ事が 期待されている。
インドネシア潜水艦, アメリカ・インドネシア、軍事訓練インドネシアと 韓国は また、潜水艦製造技術を 提供しあう事に 同意した。
これに先立ち 政府は、潜水艦製造の ための 近代的な 工場を2016年 から 2017年 に建設すると 述べた。
韓国との 協力関係下で 製造された 最初の 潜水艦は、2014年に 完成する予定だ。
二番目の 潜水艦製造は、インドネシアの 技術者が 関わり、三番目の ユニット生産は、PT PALによって インドネシアで生産される。
潜水艦基地は、今年末に 中央スラウェシ島、パル湾 に建設される。韓国で 新しく 製造された 潜水艦を 含め、インドネシアの 潜水艦 ユニット全ては、パル湾に 停留される。

バリ島ニュース – 2013年06月

FAO賞はインドネシアの宿題終了でない 6月28日
ハウスプレナリーは改訂予算法案を制定し法律にする 6月27日
インドネシアは飢餓克服に成功する 6月25日
インドネシアは潜水艦製造のインフラを構築する 6月21日
アメリカ大使 アメリカとインドネシアの軍事演習オープニングに参加 6月20日
インドネシアは森林と海洋保護の指導を期待される 6月19日
エアアジア・カーゴ エミレーツ航空、エティハド航空、バージン・アトランティック航空に勝利 6月18日
インドネシア ASEAN市場にて9部門の産業を優先する方針 6月17日
バリは40万人の中国人観光客を目標にする 6月12日
インドネシア ASEAN産業の土台となる可能性 6月04日
オーストラリア APEC2013でインドネシアを支持 6月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.