アメリカ大使 アメリカとインドネシアの軍事演習オープニングに参加

アメリカ大使 アメリカとインドネシアの軍事演習オープニングに参加
INDONESIA TODAY

アメリカ大使軍 スコット・マーシェル氏が 月曜日西ジャワ デポックのチロドンにて 行われたアメリカ・ インドネシア軍事演習の オープニングに出席した ことを火曜日 アメリカ大使館公式 サイトで伝えた。スコット・ マーシェル氏は アメリカ陸軍太平洋 (USARPAC)軍国家警 備隊副警視長の ゲイリー・ハラ少将、インドネ シア国防軍(TNI) 陸軍戦略第一司令官 ダニエル・アンバット少将と 合流。チロドンでの ガルーダ・シールド(GS) 演習のオープニングに参加した。

アメリカ大使軍 事運動に参加する

インドネシア、アメリカ軍事訓練ガルーダ・シールドは 陸軍の年次演習で、 より強い協力関係を 築き、技術や 戦術手順を共有する 目的で行われている。今年の ガルーダ・シールドは 第七回目でアメリカと インドネシア軍の 間で行われたものでは 今までで最大規模で 最も複雑なもの となっている。

この演習は 4部門で成り立っており、戦術共同 本部、コンピュータ・ プランニング演習、集中野外 演習、第92アメリカ 空挺部隊との 共同演習だ。

今 回が第七回目と なるガルーダ・シールド 軍事演習第一本部部隊は 6月21日に 終了予定と なっている。ガルーダ・軍事演習は アメリカとインドネシアの より強力 な包括的 協力関係を築くために 行われるものだ。アメリカ軍は また6月6日から 10日にインドネシアの セントゥールの 国際平和と セキュリティセンターで 開催 された ゲマバクティ 複合人道支援災 害救助にも 参加した。

アメリカ・インドネシア、軍事訓練, アメリカ大使軍ゲ マバクティ演習は アメリカ太平洋司令陸軍、 アメリカ海軍空軍と共に インドネシア国防軍が インドネシアでの 自然災害に効率的に 対応できるようにするためのも のだ。様々な 分野の災害救助専門家は 非常時の 対処方法を、両国軍から 100人ずつの参加者が 国家戦略レベルでの 意思決定過程を サポートを提供した。

ガ ルーダ・ シールドとゲマバクティでの 褒めるべき点は、 インドネシアと アメリカは「太平洋の回復」 と題された 災害反応演習も行なった ということだ。「太平洋 の 回復」は6月3日から 6日にUSARPECと インドネシア国防軍、 米国国際開発局 (USAID)参加のもと セントゥールの 国際平和と セキュリティセン ターで 行われた。

演習の間 150人もの 参加者が人道支援と 災害救助のために 集まった。この活動は そもそも西スマトラの パダン地域を 襲ったじしんと 津波を シミュレーションするために 取り決められたものだ。

バリ島ニュース – 2013年06月

FAO賞はインドネシアの宿題終了でない 6月28日
ハウスプレナリーは改訂予算法案を制定し法律にする 6月27日
インドネシアは飢餓克服に成功する 6月25日
インドネシアは潜水艦製造のインフラを構築する 6月21日
アメリカ大使 アメリカとインドネシアの軍事演習オープニングに参加 6月20日
インドネシアは森林と海洋保護の指導を期待される 6月19日
エアアジア・カーゴ エミレーツ航空、エティハド航空、バージン・アトランティック航空に勝利 6月18日
インドネシア ASEAN市場にて9部門の産業を優先する方針 6月17日
バリは40万人の中国人観光客を目標にする 6月12日
インドネシア ASEAN産業の土台となる可能性 6月04日
オーストラリア APEC2013でインドネシアを支持 6月03日

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.