アジア太平洋経済協力会議

アジア太平洋経済協力会議
INDONESIA TODAY

APEC ( アジア太平洋経済協力会議 )の 公式発表によると、APEC では 継続して「 企業の 社会的責任 」Corporate Social Responsibility(CSR)を 支援し、地域への 投資が 維持されるように していくとの事。 CSR とは 企業は 利潤を 追求し、株主に対して 配当を 行うだけでなく、従業員や 内外の 取引先、消費者、地域社会や 国際社会など、企業活動に 関係を持つ人々 全てに 対して、社会の 一員として ふさわしい責任を 果たさなければならない という 考え方である。「 CSR は、チャリティ・イベントともはや 思われていない。それは、企業のために 生産的でもありえて、投資環境を 改善するのを 助けることもありえる。CSRは 企業のために サプライチェーン を 管理するのを 援助すること ができて、それが 長い間 国で 動き続けるの を奨励することができる」と、インドネシア投資調整庁(BKPM)の 地域協力局長、リザル氏 は 木曜日に 述べた。世界的に 景気減速が 続く中、地域への 投資ビジネスを 維持していく事は 今日 ますます 重要になってきている。今年の APEC 開催国 インドネシア共和国は アジア太平洋地域が 世界的 経済危機に 対して 強くなり、APEC参加国 は世界経済の 成長の 中核を になうようになるべきだと 思っていると リザル氏 は付け加えた。地域の 接続性を 向上させるため、APECは インフラ開発 を増やすことによって 物理的な 連結、海上連結、各組織の連結性と 人々へ の連結性に 焦点をあてていきます。

北スマトラへの 投資を望む 日本企業

北スマトラ、スマトラ、スマトラ島インドネシア日本の ビジネスリーダーの グループは、北スマトラ州での ビジネスチャンスを 検討するために、JAC ビジネスセンター、シニアアドバイサーの 松井和久氏 と共に インドネシア商工会議所の 北スマトラ支部 と 会談を持った。

日本企業が北スマトラでの事業を行っていく中で商工会議所からの支援を欲すると共に、様々な情報提供を希望していると、商工会議所北スマトラ支部の副会長である卜ハル氏は述べた。

日本企業は北スマトラには未だ外国投資家の資本が入っていない地区が広域にわったてあると考えていた。中国と台湾の企業が既に北スマトラて積極的に事業を展開しているのを目の当たりにし、日本企業のビジネス着手が遅れた事を痛感。

インドネシアでの大型プロジェクトにアサハンアルミニウム(Pt.Indonesia Asahan Aluminium・アルミニウム精錬業)があるが、この投資契約が今年期限切れとなる。
その後日本が北スマトラで大きな投資の計画は今のところないが、訪問したグループは特にエネルギーセクターへの投資を望んでいたので商工会議所は北スマトラの商業地域の状況の情報を提供した。

日本の投資家は水力発電プロジェクトや中小企業へのパートナーシップセクターへの投資を強く望んでいるので商工会議所は中央政府と地方行政の両方が日本企業への北スマトラでの営業許可を緩やかに認める事を希望した。

バリ島ニュース – 2013年02月

リッポ・チカランは日本中小企業ビジネスセンターを建設 「2013年2月28日」
中国系インドネシア市民は国を前進させる国家の一員「2013年2月27日」

インドネシアの経済成長は前途有望「2013年2月25日」

インドネシアは清潔な水資源の向上を誓う「2013年2月22日」

インドネシア・日本が軍事協力の新時代を開始する 「2013年2月21日」

インドネシアは未だにハンセン病を根絶できない 「2013年2月20日」

日本の事業主はインドネシアで投資を希望している 「2013年2月18日」

インドネシアの森林保護整備 「2013年2月14日」

インドネシア観光局は16ヶ所の観光地を重点的に開発 「2013年2月11日」

インドネシア・バリ島でのAPEC会議に向けて「2013年2月07日」

アジア太平洋経済協力会議、北スマトラへの投資を望む日本企業 「2013年2月05日」

インドネシア国内でも有数の航空会、バタビア航空「2013年2月01日」

バリ島オプショナルツアーとアクティビティ

Sorry, comments are closed for this post.